MENU SEARCH

ベビースターのテーマパーク「おやつタウン」を徹底レポート!

おでかけ

三重県・津市
2019.11.14

ベビースターのテーマパーク「おやつタウン」を徹底レポート!

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

2019年7月20日、三重県津市にオープンした「おやつタウン」。「ベビースターラーメン」でおなじみの「おやつカンパニー」の工場とテーマパークが一体となった施設です。

”遊べる、学べる、創れる”をテーマに、「世界に一つのスペシャルベビースターラーメンづくり」「ベビースター料理を食べられるベビースターダイニング」など子どもから大人まで楽しめるコンテンツが充実しています。

今回は、おやつタウンの魅力を余すところなくお伝えしてしていきますよ!

おやつタウンまでのアクセス

おやつタウン

おやつカンパニー久居工場

おやつカンパニー久居工場。事前予約制で工場見学も可能です。

おやつタウンがあるのは、三重県津市。名古屋から車で約1時間ほどの場所。※駐車場料金無料

電車でアクセスする場合は、近鉄名古屋線で「久居」駅で下車。駅から三重交通バス「おやつタウン前経由・榊原車庫前行き」が出ているので、約15分ほどで到着します。(おやつタウン前バス停より徒歩5分)

入園料はいくら?

おやつタウンでは、入園する前にチケットの購入が必要です。

大人(13歳~)700円(税込)
小人(4歳~12歳) 450円(税込)
幼児(0~3歳) 無料

公式サイトからも事前のご予約可能です。

いざ「おやつタウン」の世界へ

おやつカンパニー久居工場

それでは、おやつタウンへ行ってみましょう!中へ入るとふわっと香ばしいベビースターラーメンの香りが漂ってきました。

軽快な音楽とともにカウンターを通ると、さまざまなフォトブースがお出迎え。ここでまずは、記念撮影をしてみてくださいね。

おやつ広場へ行くためには、「万華鏡トンネル」をくぐります!入り口からすでにワクワクしてきます。

万華鏡トンネル

わー!すごい。中へ入るとまるで万華鏡の中を歩いているような不思議な気分です。360度キラキラと輝くホシオくんもとてもかわいいです。

おやつ広場へ

トンネルを抜けるとおやつ広場へ到着です!巨大な「ホシオくんドデカイスライダー」がお出迎え。

おやつタウンの時間はすべて3時

おやつタウンの時間はすべて3時

おやつタウンの時間はすべて3時

おやつタウンでは、すべての時計が3時を指しています!ここにいる間、気分はずっとおやつタイムです。夢のようです!

施設内にはフォトスポットがたくさん!

おやつタウンの時間はすべて3時

外にも中にもたくさんのフォトスポットが設置されているのもおやつタウンの大きな魅力です!ブタメンの中に座ってみたり。

フォトスポット

プレゼントが飛び出てきたり。

ホシオくんの手の上に乗せてもらったり。いたる所に仕掛けがあるのでぜひ探して撮ってみてくださいね!

NEXT
400年前の姿が蘇る。豪華絢爛!復元した「名古屋城本丸御殿」へ行ってきました。
400年前の姿が蘇る。豪華絢爛!復元した「名古屋城本丸御殿」へ行ってきました。

おでかけ

名古屋市・中区
PREVIOUS
天白区の住宅街に佇む、季節感と非日常感を味わえるフラワーショップ「epanouir」
天白区の住宅街に佇む、季節感と非日常感を味わえるフラワーショップ「epanouir」

インテリア

名古屋市・天白区

【おやつタウン】
住所  :〒514-1254 三重県津市森町1945−11
営業時間、休園日は季節・曜日により閉園時間が変更になります。公式サイトの運営カレンダーをご覧ください。

https://oyatsu.town/

入園料
大人(13歳~)700円(税込)
小人(4歳~12歳) 450円(税込)
幼児(0~3歳) 無料

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
アルボ

特集一覧へ

ホームページ制作 アライブ株式会社