MENU SEARCH

【文化のみちを歩こう】優雅なティータイムも楽しめる。大正ロマンを感じる邸宅「橦木館」

おでかけ

名古屋市・東区
2018.11.30

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

名古屋の陶磁器産業について学べる展示室

昭和初期の台所

洋館2階と和館にそれぞれ展示室があります。

森村組の下請けからはじまり、陶磁器加工問屋として事業を拡大していった井元為三郎。サンフランシスコ、シンガポールなどに支店を構え、輸入事業も手広く展開していきます。また、名古屋陶磁器貿易商工同業組合の組合長を務めるなど、陶磁器産業の発展のために多大の貢献を果たしました。

この文化のみち周辺は、瀬戸や多治見へ続く街道沿いにあり、堀川の船着場にも近かったことから、陶磁器の絵付けや加工業者が多く集まっていました。当時日本でつくられた輸出用陶磁器の7割以上がこのエリアで加工されていたのだといいます。

大正ロマン溢れるステンドグラス

サンルーム
2階サンルーム

そして、橦木館でぜひ注目していただきたいのが「ステンドグラス」。海外との交流も多かった井元為三郎のセンスが光っています。

橦木館のステンドグラスは、ドイツ、オーストラリアに興った分離派である「ゼセッション」の影響を受けたデザインと、アメリカン・アール・デコのデザインがさりげなく使われています。アメリカン・アール・デコの意匠は、昭和に入ってから日本中に広まり、建築をはじめ、室内装飾や生活用品など、さまざまな形で広がっていきました。橦木館のステンドグラスは、この流行に先駆けた作品です。

サンルームのステンドガラス

2階の旧娯楽室とサンルームの間に設置されたステンドグラス。ダイヤ・クローバー・スペードのマークが取り入れられています。

玄関のステンドグラス

玄関のステンドグラス。「文化のみち二葉館」ほどの派手さはありませんが、館内の随所にさりげなく取り入れられています。

旧応接室のステンドグラス

旧応接室のステンドグラス

受付の方から、ステンドグラスに関する素敵なお話を教えていただきました。旧応接室にあるこちらのステンドグラスには、2羽の青い鳥が描かれています。

青い鳥のステンドグラス

建具の青い鳥

受付付近のステンドグラスと、旧応接室の入り口のドアにも同じく青い鳥が描かれています。この2羽の鳥たちが出会った様子を描いたものが、最初にご紹介されたステンドグラスと言われているそうです。

NEXT
赤ちゃんが笑顔になる!離乳食インストラクターが作る「おいしい離乳食日記④」赤ちゃんって水分補給は必要なの?

グルメ

PREVIOUS
【名作家具シリーズ】日本人にもっとも愛される名作家具「Yチェア 」| ハンスJ.ウェグナー

インテリア

【文化のみち橦木館】
住所   :愛知県名古屋市東区橦木町2丁目18番地
電話番号 :052-939-2850
営業時間 :10:00~17:00
定休日  :月曜日(祝日の場合はその翌日) / 12月29日~1月3日

https://www.shumokukan.city.nagoya.jp/index.html

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
エコールドメチエ

特集一覧へ

ile