【スウェーデンの暮らし】バルト海クルーズなら「Birka社」がおすすめ!

2019.1.30
バルト海クルーズ

緑豊かな大自然、おしゃれなインテリア、ゆったりと流れる時間。北欧の暮らしって憧れますよね。特集「スウェーデンの暮らし」では、現地からリアルな北欧の暮らしをお届けします。紹介してくれるのは、スウェーデン在住のライター新谷 友海さんです。前回に引き続き、今回もクルーズ旅行についてご紹介していきます。

 

スウェーデンでは、大きなクルーズ会社が有名なところでは3社あります。特に日本でも有名なのはフィンランドなどまで運行している「シリヤライン」でしょうか。今回は、その中でも地元の人に人気の「Birka社」をご紹介しています。クルーズ旅行には必ずしもどこかへ行く……というプラン以外にも、意外にも一番よく利用されているのが「船内で一泊して戻ってくる」というクルーズのみがメインのプランです。

 

船内


「クルーズで一泊するだけなんてやる事ないんじゃない?」なんて思ってしまいますが、船は11階建て。客室のほかに、レストラン・バー・カフェ・カジノ・ステージ・クラブ・免税店・スーパー・プールにスパなど、時間によって色々な出し物が催されていますので、飽きることはありません。

 

上の写真のように、ピアノやバンドの生演奏もあちらこちらで行われています。海を見ながらお酒を飲んだり、家族や友人と語り合ったり、ゆっくりとした時を過ごすことができます。

 

ステージ

 

バンド演奏が夜通し行われるステージでは、平均年齢60歳位でしょうか?


カップルで手を取り合ってオールディーズの生バンド演奏で踊っています。この微笑ましい光景は、どこのクルーズ船に乗っても見れます。きっと昔本当に踊りが大好きで上手だったんでしょうね!70代位の方達も、手を取り合って、軽快なステップで心からダンスを楽しんでいます。

 

温室プール


こちらはフロア全体が温室プール・スパ・バーとDJブースになっています。天気の良い日はここで水着になって日焼けを楽しんでいる人たちも大勢います。

 

本当に、船の上という事を忘れてしまうほど。プールサイドには、ジャグジーもあります。

 

免税店の缶ビール売り場

 

そしてこちら、初めて見た時は驚いた免税店の缶ビール売り場!

 

免税店は国営の酒屋さんで買うより安いので、中には免税店で安くアルコール類を買う為にクルーズに来る人もいるくらい。皆よくお酒を飲むので、持ち帰り用のカートまでセットになったケース売りの缶ビールです。船から降りて、これをガラガラとひいて帰っていく人を多く見ます。

 

知多のウィスキー

 

こちらは目にして思わず写真を撮ってしまった、愛知は知多のウィスキー。日本のものを目にするのは極めて稀です。日本から8,000キロ離れたスウェーデンから出航した船上で見つけた知多ウィスキー。何だかほっとしてしまいました。

 

免税店にはアルコールのほかにも日用品・コスメ・香水やお菓子などなど、色々と揃っています。クルーズ旅行をする上で、楽しみなことの1つが免税店でのお買い物です。

 

船内のレストラン

 

お食事はビュッフェがお勧めです。こんなに景色の良い、海が180℃見渡せる場所でおいしいお食事が味わえます。夏は青い空に青い海を、冬は氷の中を進んでいく様子をそれぞれ楽しむことができます。

 

レストランは何軒かあるので、ビュッフェ以外にアラカルトを注文出来るところもあります。カフェもあるので、お好みで。

 

シーフード料理

 

クルーズでのお食事は、おいしいシーフード料理が沢山。殻付きのエビはとても人気で、皆前菜に山盛りとってきてレモンを絞って食べています。

 

オマールエビのスープ

 

こちらはその濃厚さに驚いた、オマールエビのスープ。

 

チーズのコーナー

 

さまざまなチーズが置いてあるコーナー。ビュッフェはドリンク込み。アルコールはワインとビールがフリードリンクに含まれていますが、もちろん別オーダーでお好みのカクテルを注文することもできますよ。

 

デザートコーナー

 

こちらはデザートコーナーです。ベリー類がたっぷりのっていて、これぞスウェーデンのスイーツといった風貌。

 

デザートコーナー

 

ラズベリーにブラックベリーにクランベリーにストロベリー。ほおづきものっています。目にもとってもおいしいですね。

 

ベリーのケーキ

 

こちらもベリーたっぷり。

 

手前の緑のケーキは、「スウェーデンでケーキといえばこれ!」な「Prinsesstårta」です。お祝い事や特別な時に食べるケーキといえばこちらのPrinsesstårta。オーソドックスなタイプはドーム型をしているのですが、こちらはビュッフェですので縦長の形ですね。

 

Prinsesstårtaはスポンジケーキとカスタードクリームの層を交互に重ねて、その上にクリームをのせトレードマークの黄緑色のマジパンを全体にかぶせたスウェーデンの伝統的なケーキです。カフェやスーパーなど、どこへ行ってもこのケーキを見つけることができるでしょう。その黄緑のマジパンをいかした可愛いカエルタイプのPrinsesstårtaもあるんですよ。また別の機会にご紹介したいと思います。

 

トップフロア


さてさて、おいしい食事を頂いたら今度はトップフロアのバーへ行ってみましょう。こちらは天井に星のライトが施されており、沖に出て周りは海しかない暗さと静寂の中、この明かりがプラネタリウムのように見えてとてもきれいなんです。

 

ちなみにスウェーデン、夏は白夜なので、皆がキャビンで寝静まった深夜2時頃にデッキへ出ると、沈み切らないまま水平線の上にいる太陽を見ることができます。北欧の海ならではですね。

 

クルーズの旅


さて、こんな感じのクルーズの旅。私も頻繁に利用して楽しんでいるのですが、いくらだと思いますか?クルーズ会社によって、その時その時のキャンペーンやラストミニッツのオファーを利用すると、一番安いキャビンでもOKの場合はなんと無料の時や、1000円もしない時があるんです。この豪華客船で、1泊ですよ。

 

無料だなんて元がとれるの?とクルーズ会社の心配をしてしまいますが、レストランやカジノ、免税店を利用するのできっと大丈夫なのでしょう。主要の街からは、ストックホルムの港まで乗せていってくれる各クルーズ会社の専用のバスが運行しており、こちらも予約が可能です。

 

キャビン


私が一押しの、前回ご紹介したこちらのキャビン。こちらは通常料金が10,000円ほど。キャンペーンや早割りでは6,000円ほどになります。こちらのお部屋はは8階と9階にあり、wifiもバッチリでホテルさながらのお部屋なので旅疲れもしないので、本当におすすめです。Birka社をおすすめする理由がこのお部屋。他のクルーズ会社のどの船にもこんなお部屋はありません。

 

他にもデラックスルームやスイートルームなどもありますし、もっと安いキャビンもありますが快適さを選ぶならこの部屋。お値段で選ぶなら折り畳みベッド式のキャビンをチョイスするとよいです。お安いキャビンはキャンペーンでは無料、通常でも2,000円程です。(4人まで)ただ他のキャビンですとwifi電波が届かない、携帯キャリアのネットワークサービスも海上の場所によっては届かないので、注意が必要です。

 

 

さて、ストックホルムからの1泊クルーズでお勧めするBirka社はこちら。


BIRKA CRUISES https://www.birka.se

 

お部屋やお食事のチョイスからバスの予約まですべてネットででき、港についたらチェックインマシンに予約番号を入力したらカードキーが発行されるので、あとはクルーズを楽しむだけです。

 

ストックホルムにご旅行で滞在される機会に、ぜひ1泊いかがでしょう。ホテルに宿泊するお値段か、それ以下のお値段でバルト海クルーズが楽しめますよ。


ほかにもエストニアやリトアニア、スウェーデンのゴットランド島やフィンランドなどへクルーズ旅行が出来るクルーズ会社もそれぞれ特徴とお勧めがあるので、また別の機会にご紹介出来たらなと思います。

 

【profile】新谷 友海
愛知県一宮出身。2007年1月よりスウェーデン在住。日本でプロボーカリストとして音楽活動に励んだのち、現在はフリーランスデザイナー、ライターとして活動中。スウェーデンから、リアルな北欧の暮らしを季節の写真とともにお届けします。