MENU SEARCH

プロから学ぶ、空間づくりのポイント。(中家 拓郎さん)

インテリア

2018.07.19

プロから学ぶ、空間づくりのポイント。(中家 拓郎さん)

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

これまでLife Designsでは、インテリアショップ・工務店・グリーンショップなどさまざまなデザインのプロにお話を伺ってきました。今回は、いつもとは少し違った視点で、「デザインとは何か?」「空間づくりとは何か?」について考えてみたいと思います。

今回インタビューをさせていただいたのは、ウェディングを中心に、住空間、店舗、舞台演出など、さまざまな 空間デザインを手がけている中家 拓郎さん。前回はウェディングの空間演出について、事例を交えながらご紹介させていただきました。今回はイベント、店舗デザインなどの事例と合わせながら、空間デザインとは何か、じっくりとお話を伺いました。

▼前回の記事はこちら
http://life-designs.jp/magazine/takuro-nakaya/

今回お話を伺った中家 拓郎さん

オーダーメイドウェディングのプロデュース会社「Bridal Plus(Smile Stori inc.)」で、デザイナー・アート ディレクターを務めながら、フリーランスとしても、さまざまな空間デザインを手掛けている中家さん。中家さんが手がける空間デザインの幅はウェディングに止まらず多岐に渡ります。



中家さん: 「僕が扱う空間は、ディスプレイや一日限りのイベント、店舗の内装・設計・インテリア、公園やまちづくりまで、幅広くあります。エリアブランディングのプロジェクトで、ハードの活用の方法を考えるアドバイザーのような立ち位置で関わることもあります。プロジェクトの大小に関係なく、空間デザインは僕のライフワークの一部です。」



では、ここからは実際の事例と合わせながらご紹介していきます。

素材と仲良くなることで作られる空間
「TEDx Nayabashi」

TEDx Nayabashi

まずは、2014年に名古屋で開催されたイベント「TEDx Nayabashi」についてお話を伺いました。TEDはニューヨークに本拠地を置く団体で、TEDの精神である「ideas worth spreading(広める価値のあるアイデア)」のもと、ライセンスを受け、世界各地で発足しているコミュニティーがTEDxです。さまざまな分野のスピーカー(話し手)が登壇し、活動やアイディアを18分に凝縮してプレゼンテーションを行います。



中家さん: 「TEDx Nayabashiの空間デザインチームのディレクターとして、ダンボールという素材だけを使って、ステージやテーブル、ブースや照明シェードなどをデザインし、会場をつくりました。

TEDxの目的は拡散すべきアイデアを来場者の中で育て、実際に何かを生み出していくことでした。そのため、来場者がただ聞き手で終わるのではなく、登壇者や来場者同士での対話、イノベーションの種となるコミュニケーションとコラボレーションを誘発するような空間が求められました。」

イメージスケッチ

休憩スペースのイメージスケッチ。こうしたスケッチは中家さん自らが手書きで描いています。
ダンボールのテーブル
ダンボールでつくられたスタンディングテーブル。中心には、灯りが置かれています。

tedx



中家さん:「講演と休憩の時間を同じだけとり、休憩時間も質の高いアクティビティを生むことに注力しました。空間をデザインすることは、そこで過ごす時間をデザインすることでもあります。

人は、何もない真っ暗な空間にいると不安になり、どこにいれば良いかわからなくなります。その中に1つ灯りを置くとその周りに人が集まり、自然と対話が生まれます。

そこから発想を得て、4〜5人が囲うことができる円形のスタンディングテーブルの真ん中に、人の5感を刺激し、惹きつける要素を入れ込める仕様にしました。

そしてその要素は、時刻(朝・昼・夜)や講演の内容によって、変化していく。八丁味噌の社長と水耕栽培の第一人者の登壇の後の休憩では、水耕栽培のレタスと八丁味噌が入れ込まれ、その場で自由に収穫して食べることができます。それ自体が1つのコラボレーションになっていること、たった1日のための空間の時間軸を丁寧に考えることも重要な要素でした。」

ダンボールのライト

中家さん:「このイベントでは「ダンボール」という一つの素材を追求することで、強度、しなやかさなど、ダンボールの特性を知ることができました。今ではレーザーカッターや3Dプリンターなどの便利な機械がありますが、当時はあまり普及していなかったので、すべて手作業で行いました。1カ月間、毎日誰かが僕のうちに来て作業していましたね(笑)。すごく大変でしたが、このイベントをきっかけに、一つの素材を追求することの大切さを実感しました。素材を追求するということは、ダンボールだけでなく、木材、紙、布、すべての素材にいえることだと思います。」

NEXT
「せんいのまちで、せんいのビル。」尾州織物を通して人と人がつながる。『Re-TAiL』
「せんいのまちで、せんいのビル。」尾州織物を通して人と人がつながる。『Re-TAiL』

ファッション

愛知県・一宮市
PREVIOUS
大人も子どもも楽しめる!岐阜県岐阜市の新感覚図書館「みんなの森ぎふメディアコスモス」
大人も子どもも楽しめる!岐阜県岐阜市の新感覚図書館「みんなの森ぎふメディアコスモス」

ライフスタイル

岐阜県・岐阜市

【profile】
中家 拓郎 TAKURO NAKAYA
1985年生まれ。飛騨市、高山市で高校まで過ごし、三重大学・大学院で建築デザインと都 市計画を専攻。 修了後、(株)内藤建築事務所へ入社し、公共建築などの意匠設計に携わ る。京都・名古屋での勤務を経て、2012年よりフリーランスとして活動を開始、2013年に 個人事務所を設立。2014年よりBridal Plusと提携、2016年よりSmile Story(株)取締役に 就任。イベントやウエディングから住宅や店舗の内装デザインまでフィールドを問わず、こ れまで100件以上の空間デザインプロデュースを手がけている。

Instagram:n2_works
mail:nakaya.takuro@gmail.com
HP:bridal-plus.jp / smile-story.jp

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
城山館

特集一覧へ

ととbaby