MENU SEARCH

スタイリッシュな空間と、本格コーヒーを心ゆくまで楽しむ「tokiiro coffee(トキイロコーヒー)」

カフェ

愛知県・安城市
2019.09.27
岩下 加奈

岩下 加奈

豊橋市在住のライター / 編集者

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

会話を大切にした、
五感に響くコーヒーを楽しむ

コーヒー

素敵な雰囲気と一緒に楽しんで欲しいのが、こだわりのコーヒー。一見、赤ワインのように見えるこちらは「アイスドリップコーヒー(480円)」です。厳選したコーヒー豆を使用して1杯ずつ丁寧に淹れたコーヒーを、ワイングラスで味わうのがtokiiro coffeeならではの楽しみ方です。

沓名さん:「お客様との会話の中から、その方の好みに合わせたコーヒーを提案しています。いろんな方にコーヒーの味わい、香りなど、五感を大切にしたコーヒーを楽しんでほしいです。」

スペシャリティコーヒー

スペシャリティコーヒー

tokiiro coffeeでは、スペシャリティコーヒーを提案しています。

写真上は、スペシャリティコーヒーロースターの名店で、2014年東京に誕生した「SINGL O JAPAN(シングルオージャパン)」。そして写真下は、高浜市にある老舗コーヒー「SUGI COFFEE ROASTING(スギ コーヒー ロースティング)」。好みに合わせてコーヒー豆をチョイスすることができます。

最大の特徴でもあるのが、味わいやコーヒー豆との相性を考えながら、コーヒー器具を変えてコーヒーを淹れる点です。

沓名さん:「コーヒー豆本来の味わいを楽しみたいという方にはこの器具、すっきりとした味わいながらも香りが楽しみたいという方にはこの器具。という風に、お客様と話をしながら、どのような味がお好みなのか“会話”を大切にしながら、コーヒーを淹れるようにしています。」

ORIGAMIのドリッパー

ORIGAMIのドリッパー

今回私がチョイスしたのは、シングルオージャパンのコーヒー豆と、こちらの「ORIGAMI(オリガミ)」のドリッパー。このギザギザの形が印象的です。20ほどのヒダがドリッパーとペーパーの間に空間をつくることにより、お湯の抜け方がスムーズに。豆本来の味を引き出すことができます。

コーヒー豆にお湯を淹れてかき混ぜるのがtokiiro coffeeならでは。かき混ぜることで、コーヒーのコクや力強さを感じることができます。

ドリップしたコーヒーを氷を張ったボウルの中へ。温度を下げながら丁寧にかき混ぜてつくります。

沓名さん:「アイスコーヒーというと、温かいコーヒーをそのままカップの中に入れて氷で冷やして飲むという印象もありますが、それでは味が薄くなってしまうのではと思い、当店ではこのように全体的に冷やしてからアイスコーヒーを提供しています。時間は少しかかりますが、その間、お客様とコーヒーのお話をしたり、おいしいコーヒーの淹れ方などもお伝えしているので、私にとってはすごく良い時間です。」

冷やし終わったらワイングラスへ注ぎます。コーヒーの良い香りがふんわりと広がります。

アイスコーヒー

普段から毎日朝は必ずコーヒーを淹れて飲んでいる、自称コーヒー好きな私ですが、ワイングラスで飲んだのは初めての経験。実際に飲んでみたところ、コーヒーの口当たり、香りが一気に広がり、まるで赤ワインを味わうような感覚になりました。

いつも以上にコーヒー本来の風味を楽しむことができ、五感に響くコーヒーだと確信しました。コーヒー好きは、ぜひtokiiro coffeeのアイスコーヒーを味わっていただきたいです。

NEXT
リサイクルのイメージをガラリと変えた!リサイクルショップ「RE-SQUARE BANUL」の2号店が星が丘テラスにオープン
リサイクルのイメージをガラリと変えた!リサイクルショップ「RE-SQUARE BANUL」の2号店が星が丘テラスにオープン

インテリア

名古屋市・千種区
PREVIOUS
秋キャンプへ行こう!ぜいたく空間で快適に楽しめる、東海エリアのグランピング施設5選
秋キャンプへ行こう!ぜいたく空間で快適に楽しめる、東海エリアのグランピング施設5選

泊まる

愛知県・岐阜県・三重県・静岡県

【tokiiro coffee(トキイロコーヒー)】
住所  :愛知県安城市和泉町上之切157
電話  :なし
営業時間: 10:00〜19:00
定休日  :月、火曜
駐車場  :あり

https://www.instagram.com/tokiiro_coffee/

岩下 加奈

岩下 加奈

豊橋市在住のライター / 編集者

愛知県豊橋市在住。雑誌編集の専門学校を卒業し、10年ほど地元出版社に勤め、さまざまな媒体の編集長を経験。東三河エリアを中心とした住宅情報誌の編集長を勤める。2014年に独立し、名古屋や東京などの雑誌・WEBのライティングや、編集を行う。ライター・編集歴は15年以上で、年間1000件以上の取材をこなす。豊橋市市役所広報アドバイザー、東三河の魅力を発信する講師活動、審査員なども務める。

https://www.infoalii.com

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
エネファント

特集一覧へ

ile