MENU SEARCH

今話題!イタリア発のチョコジェラテリア「Venchi(ヴェンキ)」が名古屋初登場。

グルメ

名古屋市・久屋大通
2021.07.08

今話題!イタリア発のチョコジェラテリア「Venchi(ヴェンキ)」が名古屋初登場。

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

2021年7月2日(金)、名古屋のRAYARD Hisaya-odori Parkに イタリア発のチョコジェラテリア「ヴェンキ 久屋大通公園店」がオープンしました。

さっそく行ってきましたので、その様子をお届けいたします。

ヴェンキとは?

「ヴェンキ」は、イタリア・トリノ発、140年以上愛される老舗チョコレート・ジェラート専門店です。こだわり抜いた材料だけを使って丁寧につくられたチョコレートは、味にうるさいイタリア人も納得の味。

世界各地に100を超える直営店があり、欧米では絶大な知名度を誇っているほど。日本では東京・横浜に6店舗を展開しており、名古屋は今回が初出店となります。


筆者が訪れた日は、オープン2日目の土曜日とあって、約1時間ほどで中に入れました。中に入ると、煌びやかなチョコレートがお出迎え。

1粒から購入できる「PICK&MIX」

まずは「ヴェンキ 」の特徴でもある、「PICK&MIX(量り売りスタイルのチョコレート)」。1g 17.3円で43種類のチョコレートを1粒から選ぶことができます。

筆者もさっそく気になるチョコレートをチョイスしました。

ついつい入れすぎてしまうと、あっという間にすごい金額になってしまうので、ご注意くださいね。

豊富なギフトボックス

ギフトボックスやチョコレートバーも豊富にそろっています。ボックスがかわいくて、目移りしてしまいます。

16種類のジェラート

そして、なによりの目玉が、全部で16種類のフレーバーがあるジェラート!

「ピッコロ(Sサイズ:715円)」は2種類、「レゴラーレ(Mサイズ:880円)」は3種類、「グランデ(Lサイズ:1,100円)」は4種類までフレーバーを選べます。

また、コーンやカップの周りには+220円で追加トッピングを施すことができ、「ラズベリー」「チョコビア 75%」「ヌガティーヌ」の3種類から選ぶことができます。

じゃ〜ん!こちらが注文したジェラートです。3種類のフレーバーが選べるレゴラーレをチョイスしました。

テイクアウト用の4フレーバー選べるパック(2,160円)もあります。溶けやすいため30分以内に食べられる方は、テイクアウトもおすすめですよ。

店内ではイートインも可能です。外にはテラス席もあるため、開放的な空間でジェラートや“チョコレート×エスプレッソ”の贅沢なビバレッジ、「ヌガティーヌ」「ヴェンキーノ」「アフォガート」などを楽しめます。


名古屋限定フレーバーの「リモーネ」も要チェック!しっかりとした酸味がある爽やかなレモンソルベです。

16種類もあるので、どのフレーバーにしようか迷ってしまいますが、個人的には1種類を爽やかなソルベ系、他をチョコ系やクリーム系にするとバランスよくいただけますよ。


心躍るような内装やカラフルな包装紙をまとったチョコレートやジェラートは、どれもこれも魅力的です。

1日のご褒美に、チョコレートショップに立ち寄る。イタリア人のライフスタイルを体現したヴェンキで小さな幸せを感じてみてくださいね。

ちなみに筆者はオープンしてから3日連続でいき、16種類すべてをたべました(笑)この夏はまだまだ通いそうです。

NEXT
免疫力から美容までトータルケア! 癒し効果も抜群な「酵素浴(酵素風呂)」に入ろう
免疫力から美容までトータルケア! 癒し効果も抜群な「酵素浴(酵素風呂)」に入ろう

ビューティー・健康

PREVIOUS
もっちもちの皮が魅力!本場の味にこだわった、名古屋・大須にある台湾バル「台湾餃子 知多屋鍋貼(チタヤ グゥオティエ)」
もっちもちの皮が魅力!本場の味にこだわった、名古屋・大須にある台湾バル「台湾餃子 知多屋鍋貼(チタヤ グゥオティエ)」

グルメ

名古屋市・大須

【ヴェンキ 久屋大通公園店】
住所  :名古屋市中区錦3丁目15番12号先 RAYARD Hisaya-odori Park
営業時間:10:00~21:00
定休日 :-
https://venchi.co.jp/

※【お知らせ】新型コロナウイルスの影響により、営業時間の変更や臨時休業をされている場合もございます。ご利用の際には、各施設・各店舗の最新情報をご確認ください。

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ALESCO

特集一覧へ

PANZA