ほっとため息が出る、自家焙煎のコーヒーが味わえるお店「喫茶クロカワ」|名古屋・鶴舞

2019.3.22
喫茶クロカワ

今回は、名古屋・鶴舞にある「喫茶クロカワ」をご紹介します。

 

一人で過ごす読書時間。午後のティータイム。仕事後のリフレッシュ。そんな、ゆったりとコーヒーを楽しみたいときに訪れたくなるお店です。ていねいに淹れられた自家焙煎のコーヒーは、思わずほっとため息がでる、優しい味わい。コーヒーのこだわりはもちろん、お店の誕生背景から店舗デザインまで、じっくりとお話を伺ってきました。

 

喫茶クロカワ

 

外観


場所は、JR・地下鉄「鶴舞」駅から徒歩10分ほど。

 

喫茶クロカワの店内

 

カウンター席


1960年代の建物をリノベーションした店内。2人掛けテーブルが2つ、カウンター席が15ほどあります。一人でも訪れやすい空間です。

 

 

 

エチオピアで出会った、コーヒーの魅力

 

「喫茶クロカワ」オーナーの黒川哲二さん
「喫茶クロカワ」オーナーの黒川哲二さん


まずは、オーナーの黒川さんに「喫茶クロカワ」誕生までのストーリーを教えていただきました。

 

黒川さん:「昔からコーヒーは好きでしたが、お店をオープンするきっかけとなったのは、アフリカへ旅をしたときのできごとです。バックパックで旅をするのが昔から大好きで、南アフリカからエチオピアまで、3カ月ほどかけてアフリカを縦断しました。その中で、エチオピアを訪れたときに、現地の子どもたちが自宅に招いてくれたんです。そこで、「コーヒーセレモニー」というものを開いてくれました。

 

エチオピア

 

エチオピアでは、コーヒーを飲む文化が古くから根付いていて、「コーヒーセレモニー」は、コーヒーを飲むことを儀式化した作法のひとつです。日本の茶道のようなものですね。お香を焚きながら、豆を焙煎しコーヒーを3杯楽しみます。お客さんのおもてなしや、ちょっとした休憩など、さまざまなシーンでエチオピアの方は、「コーヒーセレモニー」を開きます。

 

エチオピアは銘柄としては有名ですが、現地の人たちはそんなに良い豆は滅多に飲めません。なので、決しておいしいというわけではないのですが、「コーヒーっていいなぁ」と、そのときの体験が忘れられなかったんですよね。コーヒーの味がそこまで記憶に残ったのは、初めてのことでした。」

 

エチオピアでの様子


黒川さん:「日本に戻ったあと、知人のイベントで旅の写真を展示する機会がありました。その際に、現地で買ってきた豆を使ってコーヒーを販売しました。初めてお金をいただいて、コーヒーを淹れたのはそのときですね。次第に豆の在庫がなくなって、自分で焙煎をしてみようかなと挑戦してみたんです。「もっとおいしく豆を焙煎したい!」という想いが強くなり、巣鴨にある「コーノ式焙煎塾」で焙煎のイロハを学びました。

 

その後は、平日は仕事をしながら10年ほどかけて開業資金を貯めました。週末には、マーケットや展示のケータリングのような形で出店させていただいて、コーヒーをご提供していましたね。」

 

 

 

1960年設計の建物をセルフリノベーション

 

喫茶クロカワの店内

 

鉄骨の梁

 

「喫茶クロカワ」の魅力のひとつが、1960年代に設計された歴史ある建物です。鉄骨の梁、コンクリートブロックの壁など、当時の面影が随所で感じられます。

 

黒川さん:「知人からこんな物件があるよと紹介してもらい、一目で気に入り大家さんを探しました。設計を手がけたのは、南山大学を設計したチェコの建築家アントニン・レイモンド氏が立ち上げた設計事務所「レーモンド事務所」です。以前は、商社の名古屋支店として使われていたようです。たくさんの方に協力いただきながら1年ほどかけて、できるだけ設計当時の姿に戻せるようにセルフリノベーションをしました。」

 

学校で使われていた椅子とテーブルアントニン・レイモンド氏が南山大学を設計したことから、「学校」というテーマがパッと浮かんだのだそう。机や椅子のフレームは、実際に学校で使われていたものを活用しています。

 

鉄骨の梁商社の名古屋支店として使用されていたときに張られていた天井板を剥ぎ、鉄骨の梁が見えるように。

 

スイッチ

 

細部からも、当時の面影を感じることができます。

 

看板
外観の看板には、商社の名古屋支店時代の名残が。

 

 

 

「喫茶クロカワ」のコーヒー

 

喫茶クロカワのコーヒー

 

ここからは、「喫茶クロカワ」のコーヒーについてお話を伺いました。

 

黒川さん:「季節にもよりますが、8種類ほどの豆を取り扱っています。基本はブレンドではなく、シングルですね。僕自身も、昔ながらの自家焙煎のコーヒーが好きなので、比較的焙煎は深めで、酸味のあるようなコーヒーは少ないです。

 

コーヒー豆は農作物のためメニューは時期によって変わります。なので、これが人気というのは難しいですが、ブラジルやエチオピアなどは頼みやすいかもしれないですね。パナマはすごく癖がありますが個人的には、すごく好きですね。お客さんの中にも、パナマばかり頼まれる方もいらっしゃいますよ。色々試しながら、お好みの豆を見つけていただけるとうれしいです。」

 

豆の販売

 

豆の販売「喫茶クロカワ」では、豆の販売も。(100g 550円〜)※豆の仕入れ状況によって変動します


喫茶クロカワでは、「ナチュラル / パルプドナチュラル精製」の豆を多く仕入れています。

 

黒川さん:「ナチュラル / パルプドナチュラル精製とは、コーヒーチェリーからコーヒー豆を取り出す方法の呼び方です。コーヒーの木からチェリーを収穫した後、果肉を残したまま天日や乾燥機を用いて乾燥させてから豆を取り出します。果肉を除去してから水で洗い流してから乾燥させる方法(ウォッシュト)に比べ、果肉の持つ甘みや風味を感じやすいですね。」

 

ハンドドリップコーヒーハンドドリップコーヒー ¥450〜(写真はパマナ ¥500)

 

クロカワさんおすすめの「パナマ」を淹れていただきました。豆のクセや風味を感じつつも、ほっとする味わいです。メニュー表や、コーヒー豆のプライスにも、ていねいに説明が記載されているので、味をイメージしながら選ぶことができます。もちろん黒川さんに相談しても◎

 

クレーム・ブリュレクレーム・ブリュレ ¥250

 

テリーヌ・ショコラ
テリーヌ・ショコラ ¥300


コーヒーを飲んでいると、ちょっとした甘いものが欲しくなりますよね。喫茶クロカワでは、「フィナンシェ」「クレーム・ブリュレ」「テリーヌ・ショコラ」の3種類のコーヒーのお供が味わえます。どれも黒川さん手づくりの優しい味わいです。

 

6月終わり頃から9月終わり頃までは、自家製シロップを使ったかき氷も楽しめますよ。

 

喫茶クロカワ

 

「自分の身の丈でできる範囲というのを心がけています。焙煎もまだまだできることがありますし、いつかは軽食なんかもご提供できたらいいですね。」と今後の展望を教えてくださった黒川さん。

 

ゆったりとコーヒーを楽しみたいときには、ぜひ「喫茶クロカワ」を訪れてみてください。

 

【喫茶クロカワ】
住所   :愛知県名古屋市中区千代田5丁目 8-27 MAP
電話番号 :052-684-6363
営業時間 :12:00〜19:30
定休日  :月曜日・火曜日(祝日は営業)

http://cafekurokawa.com/index.html