MENU SEARCH

オンラインで買える!全国の本格コーヒー。北海道から九州まで、全6種類をお取り寄せしてみました。

グルメ

2020.06.03

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

福岡発! 行列のできるコーヒー店
「NO COFFEE」

NO COFFEE SELECT 70g ¥594

2015年にオープンした、福岡・天神からほど近い住宅街にある「NO COFFEE」。一度聞いたら忘れられないネーミングも合間って、オープン以来多くの人を虜にしています。

その魅力はアパレルブランドのようなセンスのよさと、グッズの豊富さ。衣類やタンブラーやステッカー、モバイルアクセサリーなどのアイテムから、人気ブランドとコラボアイテムまで販売されています。

今回注文したコーヒーは、「NO COFFEE SELECT(ブラジル) 」。毎日お試し頂きたいという想いから1杯10g、1週間で70gと気軽に試せるサイズ感。ブラジル独特のナッツのような甘味とオレンジのようなほのかな酸味が特徴です。

NO COFFEE BLEND ¥160

NO COFFEE BLEND ¥160

気軽に試したい方はドリップバッグ&コーヒーバッグもおすすめ!コーヒーはNO COFFEE BLENDを使用しており、チョコレートのようなコクと苦みを特徴としています。 深煎りに一部中煎りの豆をブレンドしているため、ストレートでも飲みやすくなっています。

NO COFFEE BLEND ¥160

どちらも中身は同じですが、コーヒーバッグの方は紅茶を飲むときにお馴染みの「ティーバッグ」になっているんです。使い方はとても簡単!カップに入れて沸騰したてのお湯を入れた44分程度待つだけ。好みの味になったらコーヒーバッグを取り出せば完成です。

▼注文はこちらから
https://nocoffee.net/?category_id=5677b43fbe6be35c1100abda

恵比寿にある8.7坪のスペシャルティコーヒー専門店
「猿田彦珈琲」

猿田彦 クラシック 1パック(5枚) ¥691円

「たった一杯で幸せになるコーヒー屋」をコンセプトにした東京・恵比寿に本店を構えるスペシャルティコーヒー専門店「猿田彦珈琲」。2011年のオープン以来、瞬く間に人気店となり、都内でも多くチェーン展開しています。

それぞれの豆が持つ個性・魅力を最大限に引き出すために焙煎から抽出まで徹底的にこだわり、至極の一杯を提供されています。

口当たりがよく、飲みやすいので、老若男女どなたでもおいしくいただけるコーヒーです。

編集部おすすめ!名古屋の自家焙煎コーヒー
「MIROKU COFFEE(ミロクコーヒー)」

ドリップバッグ アソートセット ¥700 税込

最後は編集部がイチオシする名古屋の自家焙煎のコーヒー「MIROKU COFFEE(ミロクコーヒー)」をご紹介します。

愛知や岐阜のイベントやマルシェにてキッチンカーで販売している「MIROKU COFFEE」は毎日珈琲を飲んで欲しい!そんな想いから世界中の農家から仕入れた豆を、豆の個性に合わせ自家焙煎でじっくり丁寧に焙煎されています。

MIROKU COFFEEをはじめて飲む方におすすめなのが、「ドリップバッグ アソートセット」。お好みのコーヒー豆や焙煎度合いなどを5種類の中から飲み比べることができます。

MIROKU COFFEEブレンド 200g(中煎り) ¥1,200

いろいろと試した結果、MIROKU COFFEEブレンドに落ち着きました(笑)さっぱりとした味わいは、どんな料理やお菓子、シチュエーションにも合います。ふとしたときに飲みたくなるんですよね。

現在は送料無料で配送もされているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

▼注文はこちらから
https://mirokucoffee.stores.jp/

今回は、編集部が「また飲みたいな〜」「飲んでみたいな〜」というコーヒー中心にピックアップしてご紹介しました。旅行にいけない分コーヒーを楽しながら想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

NEXT
毎日の食卓が豊かになる!スーパーやコンビニで買えるごはんのおとも
毎日の食卓が豊かになる!スーパーやコンビニで買えるごはんのおとも

グルメ

PREVIOUS
汗をかいてもムレにくい。奈良の老舗・中川政七商店が天然素材の夏ガーゼマスクを発売。
汗をかいてもムレにくい。奈良の老舗・中川政七商店が天然素材の夏ガーゼマスクを発売。

ビューティー・健康

1 2

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ナサホーム

特集一覧へ

エネファント