保育士のいる設計事務所?!「グランハウス」の長良オープンスタジオに行ってみました!

2019.5.14
グランハウス

岐阜市の住宅会社「グランハウス」。「設計士とつくるデザイナーズ住宅」をコンセプトに、営業マンを介さず、設計士と直接家づくりの話ができるのが特徴の会社です。デザインはもちろん、住み心地や性能面なども設計士と直接話せるため、「住みやすくて、ちょっとカッコいい家」を提案してくれます。

 

そんなグランハウスの「長良オープンスタジオ」が新しくオープンしたということで、さっそくレポートに行ってきました。

 

外観「福光西2」の交差点の角地です。

 

グランハウス「長良オープンスタジオ」
グランハウス「長良オープンスタジオ」があるのは、JR岐阜駅から車で15分ほどの場所。

 

オレンジの看板
オレンジの看板が目印です。


場所は、岐阜市の長良エリア。岐阜環状線に面した場所にある、オレンジの看板とガラス張りが目印の建物です。

 

グランハウス「長良オープンスタジオ」

 

スタジオを見学しながら、設計・インテリア担当の桐山さんに「長良オープンスタジオ」 についてお話を伺いました。


ー なぜ長良エリアを選ばれたのですか?

 

今までは「茜部オープンスタジオ」しかなかったので、山県市・関市・各務原市・美濃市など、岐阜市より北側に住んでいらっしゃるお客様は、1時間ほどかけて来てくださっていたんです。家づくりのお打ち合わせは何度も足を運んでいただく必要があるので、いつも申し訳ないなと思っていました……。

 

そこで、岐阜市周辺にお住まいの方、岐阜市内でも北側のエリアに住んでいる方にも足を運んでいただきやすいようこのスタジオをオープンさせました。「茜部オープンスタジオ」からここまでは、車で約30分ほどの距離です。

 

グランハウス「長良オープンスタジオ」
駐車場も完備しています。

 

入り口
ガラス張りで開放的な入り口。

 

ー なぜ「長良支店」ではなく、「長良オープンスタジオ」という名前なのですか?

 

グランハウスでは、スタジオは「支店」ではなく「打ち合わせの場所」として考えています。スタッフも各スタジオに在籍しているのではなく行き来しています。お客様が行きやすい方の場所で打ち合わせができる。そういう場所をつくりたかったんです。

 

なので、「今日は午後から名古屋の方に遊びに行くので、茜部スタジオで打ち合わせがしたい」「買い物があるので、長良エリアの方が都合が良い」など、お客様のご予定に合わせて打ち合わせ場所を選んでいただくようにしています。

 

入り口
入り口すぐの場所には、大きなキリンのぬいぐるみがあります。イベント出店時も大人気なのだそう。

 

名刺
入り口付近には、スタッフさんの名刺が置かれています。お客様に少しでも安心して来場して欲しいという気配りを感じます。


ー 長良スタジオのコンセプトを教えてください。

 

できるだけお客様が緊張感なく、楽しく打ち合わせができるよう、明るくカジュアルな空間にしています。誰でも来やすい雰囲気になるように、あまり偏ったデザインにはしていません。そしてお子さんにも楽しく来てもらえるように、ジャングルをイメージしています。スタジオの中にはたくさん動物がいますよ。お子さんが「キリンの公園に行こう!」と、言ってくれたりするんです。

 

照明のダクトレールにはお猿さんのぬいぐるみが。

 

 

 

ー 1番のこだわりポイントはどこですか?

 

どの席からもキッズスペースが見えるようになっていることです。少し距離は離れていても、打ち合わせしながらお子さんの顔がみえます。お子さんにとっても、親御さんにとっても、とても安心感につながると思うんです。そういう部分でも、できるだけストレスなくお打ち合わせできればなと考えています。

 

キッズスペース
入り口の横には、キッズスペースが。

 

ー グランハウスさんには保育士さんがいらっしゃるんですよね?


はい。現在2名の保育士が在籍しています。

 

グランハウスは立ち上げ当初から、「保育士のいる設計事務所」としてオープンしました。家づくりは、多いときには毎週のように打ち合わせがあります。お家の話をするときに、ご夫婦でゆっくりと話し合う時間をつくっていただきたいという想いから、保育士が常駐しています。お子さんたちにとっても、打ち合わせの時間が「待ち時間」ではなく、たくさん遊んでたくさん笑って、家づくりが楽しい思い出になってくれたらと考えています。

 

そして親御さんにとっても安心してお子さんを預けていただけるよう、アルバイトや外部の方ではなく、グランハウスの社員として保育士が在籍しているのも強みですね。

 

保育士の鈴江さん
保育士の鈴江さん。もともとは保育園で先生をされていました。


今回は特別に、グランハウスで保育士をされている鈴江さんにインタビューをしてみました。


ー グランハウスでのお仕事はどうですか?

 

とても楽しく仕事させてもらっています。グランハウスに入社した決め手は、保育以外の仕事もできるというところですね。模型づくりなど、お家づくりのお手伝いもさせていただけるのがうれしいです。

 

 

ー キッズスペースはどのような感じですか?

 

みんな保育園や幼稚園のように元気に遊んでくれていますよ。0〜3歳くらいのお子さんが多いです。土日で多いときだと、6〜7人のお子さんがいることもあるので、その中でお友達になったりもしています。長い打ち合わせだと4時間を超えてしまうこともあるので、そうしたときでも飽きてしまわないように、外でシャボン玉をしたり、お布団も用意しているのでお昼寝をしたりもしますよ。

 

オムツ替え&授乳スペーススタジオの中には、オムツ替え&授乳スペースがあります。明るく広々としていて、ベンチもあるのもうれしいポイント。

 

ー 保育の中で気をつけていることはありますか?


まずはお母さん・お父さんにできるだけ打ち合わせに集中していただけるよう、ミルクをあげたり、オムツを替えたり、できる範囲のことは私たちがお手伝いさせていただいています。

 

そして衛生面にはかなり気をつけています。おもちゃも一つひとつ洗って消毒したり、ぬいぐるみも丸ごと洗うようにしています。そうした面では、保育園での経験がすごく役立っているなと思いますね。

 


ー 1番人気のおもちゃはなんですか?


1番人気なのは、このミッキーのマジックブックですね。表紙をぽんっと叩くと、中のページに色がついたり、消えたりするマジックです。(実際に私たちも見せてもらいましたが、仕掛けがわからずとてもびっくりしました!)

 

小学生くらいのお子さんがいらっしゃることもあるので、アニメのDVD、折り紙など、幅広い年齢のお子さんに楽しんでもらえるように、おもちゃは選んでいます。

 


「でもこの子たちも人気ですね」と紹介してくれました。


鈴江さん、ありがとうございました。

 

こんなにすてきな保育士さんがいたら、お子さんも打ち合わせに行くのが毎回楽しくなりそうですよね。家づくりは家族みんなでしてほしいという、グランハウスの思いやりを感じました。

 

 

長良オープンスタジオは、「打ち合わせを楽しんでほしい」「家族みんなで家づくりをしてほしい」「お子さんにとっても家づくりが思い出になってほしい」という、グランハウスのあたたかい想いが随所に感じられる場所でした。何より保育士さんが在籍しているのは、とても心強いですよね。「グランハウスの家づくりが気になるな」という方は、ぜひ一度スタジオに足を運んでみてくださいね。


【グランハウス 長良オープンスタジオ】
住所  :〒502-0814 岐阜市福光西2丁目6-8 MAP
電話番号:058-215-9192
営業時間:10:00~21:00 

 

<グランハウスのページはこちら>