MENU SEARCH

幻の「カブトビール」が味わえる「半田赤レンガ建物」

おでかけ

愛知県・半田市
2019.02.01

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

幻のカブトビールを飲んでみよう!

カフェ「CAFE BRICK」

カフェ「CAFE BRICK」

カブトビールの誕生背景から、建物の歴史までしっかり学んだあとは、実際にカブトビールを味わってみましょう!

館内にはカフェ「CAFE BRICK」が併設されています。復刻した「生」のカブトビールや、地元の食材を使ったおつまみがいただけます。歴史的な建物で幻のビールをいただく、とても贅沢な空間です。

カブトビール飲み比べカブトビール飲み比べ ¥800(明治と大正 ミニグラス各230ml)

カブトビールは2種類あります。

写真左側が、「明治カブトビール」。明治時代のパリ万博で金賞を受賞した本格ドイツビールです。アルコール度数は少し高めの7%。黒ビールに見えますが、赤ビールなので渋みが少なくスッキリとした飲み心地なんです。

そして右側の黄金に輝いているのが「大正カブトビール」。クセがなく爽やかな飲み心地なので、グイグイっと飲めちゃいます。誕生背景や歴史を知った上でいただくカブトビールは、格別です!

黒酢のブルーベリーソーダ黒酢のブルーベリーソーダ ¥400

お酒が苦手という方には、お酢の町・半田らしいドリンク「黒酢のブルーベリーソーダ」がおすすめ。その他にも、ミツカンのフルーツ酢でつくった「酢ムージー(¥450)」も人気商品です。

最後はショップでお買い物

ショップ

カブトビール

最後はショップでお買い物!

もちろんカブトビールも買えます。復刻ビアグラスもお土産にぴったり。ビール以外にも、半田・知多半島の名産品が販売されています。

半田赤レンガ建物

半田赤レンガ建物は、カブトビールはもちろんのこと、半田市の歴史も感じることができる場所でした。歴史を学び、実際にそのビールが飲めるなんてなかなかないですよね。ビール好きには、ぜひ一度は足を運んでいただきたいです。

幻と言われているカブトビール。その背景には、ミツカングループが関係しているのが驚いでした。ぜひ半田市内にある「ミツカンミュージアムMIM」も合わせて見学してみてください。より理解が深まりますよ。

NEXT
コーヒーの街「清澄白河」で過ごすとっておきの休日

おでかけ

東京都
PREVIOUS
【さかな屋のお嫁さん家2月の食卓】さかな屋の恵方巻き

グルメ

愛知県・西尾市
1 2 3

【半田赤レンガ建物】
住所   :愛知県半田市榎下町8番地
電話番号 :0569-24-5111
営業時間 :10:00〜17:00
定休日  :年末年始
駐車場  :当館の駐車場は、隣接のナゴヤハウジングセンター半田会場との共用

https://handa-akarenga.jp/index.html

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
チャリチャリ

特集一覧へ

ile