MENU SEARCH

高知料理が自慢!名古屋駅からも歩いて行ける。実家をカフェにした「実家カフェ山田」

カフェ

名古屋市・中村区
2021.02.01

高知料理が自慢!名古屋駅からも歩いて行ける。実家をカフェにした「実家カフェ山田」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

名古屋駅からも徒歩圏内。黄金通と呼ばれる環状線から少し東に入ったところにある「実家カフェ山田」。その名の通り、昭和41年に建てられた山田さんの家屋を利用したカフェです。

今回はそんな実家カフェ山田の魅力をレポートしていきます。

実家カフェ山田へのアクセスは、近鉄名古屋線「黄金駅」から徒歩8分。近隣には駐車場も完備されています。

外観は完全に民家としか思えない木造住宅。できるだけ当時の姿を残してリノベーションされているのだそう。

引き戸の玄関を開けて中に入ると、高知県出身のオーナー・近澤さんがセレクトした”高知県のいいもの”が陳列されています。

玄関の左手には黒板がかけられています。カフェの定休日やランチ営業の日などが書かれていました。

店内に入ると実家に帰ってきたような、温もりに包まれます。洋室1部屋、和室3部屋で構成されており、南北に長い平屋造りです。

窓から見える中庭もとってもすてきです!中庭を囲むようにコの字型になっています。

昭和レトロな手動式のかき氷機。夏にはかき氷も人気メニュー。

おもちゃもたくさん用意されています。畳敷きなので、小さいお子さん連れでも安心して利用できますよ。

昭和の居間のようなこたつのある和室。最高すぎます!こたつでぬくぬく、おしゃべりに花が咲きますね。

懐かしのブラウン管テレビにちゃぶ台も。

衣食住を通した表現ができる場を

高知県出身のオーナー・近澤さん。二級建築士のかたわら「実家カフェ 山田」の経営をされています。また二児のママさんでもあります。

– なぜこの場所にオープンすることになったのでしょうか。

近澤さん:「もともとは主人のおじいさんがここに住んでいたんです。私自身も学生時代に住んでいたことがあったので、思い入れもありました。おじいさんが亡くなってからはずっとそのままだったのですが、人が住まなくなった家は劣化の進行度がとても早いんですね。

そこで、もう一度おじいさんの家を蘇らせてあげたい!と思い、2016年に「実家カフェ 山田」をオープンさせました。シェアハウスをしていた時期もありましたが、おうちの間取りも好きだったので、たくさんの方に来てもらえるカフェにしました。

なので、「山田」というのは、家主であったおじいさんの名字なんです。この場所が名古屋の「実家」のような場所になってくれたらと思っています。」

店内のリノベーションは、近澤さんの娘さんたちもお手伝いされたのだとか。

近澤さん:「お店のメニューをどうしようかって考えたときに、出身地である「高知」の食材を使ったメニューを提供することにしました。生まれ育った高知に恩返ししたいなという想いがありましたし、何より高知県はおいしい食材の宝庫なんです。

そんな素晴らしい食材たちを知って欲しい!と思い、高知の食材をメインにしています。また、高知のいいものを紹介していく中で、お客さんから「高知に行ってみたい」という声や、「実際に行ってきました」と言われることも増えて、とてもうれしいですね。」

カフェでは「今あるもので暮らす」取り組みもされています。 その一つがカフェで使う食器類は、ご近所さんやお客様に頂いた昭和レトロな 食器たちで構成されているいるそうです。

NEXT
東海最大級の弥生集落を体感!「あいち朝日遺跡ミュージアム」が愛知県清須市にOPEN
東海最大級の弥生集落を体感!「あいち朝日遺跡ミュージアム」が愛知県清須市にOPEN

おでかけ

愛知県・清須市
PREVIOUS
【スウェーデンの暮らし】日本でも購入可能、プチプラでインテリアやテーブルウェアまで色々そろう「H&M HOME」
【スウェーデンの暮らし】日本でも購入可能、プチプラでインテリアやテーブルウェアまで色々そろう「H&M HOME」

海外

スウェーデン

【実家カフェ山田】
住所  :愛知県名古屋市中村区深川町3-33
電話番号:052-453-1270
営業時間:11:00~18:00(ランチは予約可能)
定休日 :日・月 土曜日不定休
https://www.instagram.com/jikka.cafe.yamada/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
アレックスコンフォート

特集一覧へ

エネファント