MENU SEARCH

【魅力みつけびと】モデル・高山都さんと行く! 桑名の朝市「三八市」で食べ歩き旅

PR

おでかけ

三重県・桑名市
2021.11.24

【魅力みつけびと】モデル・高山都さんと行く! 桑名の朝市「三八市」で食べ歩き旅

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

古くから地元の人に親しまれている三重県桑名市の名物朝市「三八市」は、さまざまグルメが集まる食材の宝庫です。経済産業省の「全国がんばる商店街30選」に選定されており、地元の人のみならず、遠方からも多くの人が訪れます。

そんな、活気溢れる三八市に「魅力みつけびと」に就任した大人気モデル・高山都さんが訪れました。

商店街を行き交う人々と交流をしながら、三八市の魅力を探っていきます。

〈Profile〉
高山都(たかやま みやこ)
1982 年生まれ。モデル、女優、ラジオパーソナリティーなど幅広く活動。趣味は料理とマラソン。
「#みやれゴハン」として料理やうつわなどを紹介するインスタグラムが人気。 趣味のマラソンでは、横浜マラソン2016を3時間41分で完走の記録を持っている。
著書『高山都の美食姿』(双葉社刊)シリーズ1~4も好評発売中。

※撮影のためマスクを外しています

三八市とは?

三八市

三八市

三重県の北部に位置する桑名市は、海川山に囲まれた自然と歴史・文化が残るまちです。木曽三川によって運ばれたミネラル豊富な水によって育ったハマグリは日本一!そんな桑名市で毎月3と8のつく日に「寺町通り商店街」にて開催される名物朝市が「三八市」です。

特産品のハマグリやシジミ、もち小麦といった魅力的な食材や、新鮮な地元産野菜やお惣菜に、鮮魚にパンや花、服となんでもそろいます!

まちのコミュニケーションの場にもなっており、掛け合いをしながらお買い物を楽しめるのも大きな魅力です。

名古屋から桑名駅までは、JR関西本線、近鉄名古屋線を利用して約25分とアクセスも抜群!寺町通り商店街までは、桑名駅から歩いて10分ほどです。

桑名の魅力が詰まった200メートルのアーケード

三八市

朝9時30分ごろに「寺町通り商店街」へ到着すると​​、平日の朝にもかかわらず、すでに多くの人でにぎわっていました。南北約200メートルの距離に、旬の野菜や魚介類、特産品のハマグリのつくだ煮などを売る露店が約40店舗集約。来客数は、なんと約5,000人以上!

中には早々に売り切れて店じまいをするお店も多いようです。お目当てのものがある場合は、なるべく早めに向かいましょう。

ハマグリやシジミなど地元の特産品が勢揃い!

屋台も出店しており、ちょっとしたお祭り気分。

市場で仕入れたばかりの鮮度の良いお花も並びます。

寺町の中心にある「桑名別院本統寺」。商店街西側に立派な山門があります。商店街の界隈には10ヶ所以上の寺社が江戸時代より点在しており、参拝客を相手にした門前町商店街として発展したのがはじまりと言われています。

朝市グルメを満喫しよう!


高山さんと一緒に商店街を巡っていきたいと思います。

朝市ではさまざまなグルメがあふれているので、ぜひおなかを空かせて行ってくださいね。それでは、おすすめの三八市グルメをご紹介します!

桑名に来たらハズせない!焼きハマグリ(貝新フーズ)

桑名

桑名

匂いにつられてやってきたのは焼きハマグリがいただける「貝新フーズ」。店先でじっくりと焼いていただけます。

桑名
焼いた後に、ハマグリの煮汁で煮詰めるという店主さん独自の方法で調理。うまみが溢れ出す濃厚な味は絶品!焼きたてプリプリのハマグリは、ぜひ食べていただきたい逸品です。

【貝新フーズ】
http://kaisinfk.cart.fc2.com/

大正から続く老舗和菓子店(御菓子司 保々屋)

桑名
続いて訪れたのは、「御菓子司 保々屋」。1920(大正9年)創業、寺町通り商店街で伝統の和菓子をつくり続けている老舗です。

三八市では、店先のショーケースに大福に鬼まんじゅうと、さまざまな和菓子が並びます。

「どれにしようかな〜」。

今回は、創業から変わらぬ味を守り続けている「酒蒸し饅頭」を選びました!


さっそくその場でいただいてみます。
「皮がモチモチでとってもおいしいです!」

三八市の日だけ焼かれている「大判焼き」もおすすめなので、合わせてチェックしてみてくださいね。

【御菓子司 保々屋】
https://ameblo.jp/hoboya/

貝柱しぐれ煮の入った「貝柱のおにぎり」(貝増商店)

桑名名物の時雨はまぐりの名店「貝増商店」では、通常は予約限定の「貝柱のおにぎり」がいただけます。

中には、貝柱しぐれ煮入が入っており、ほっこりと優しい味わいです。

ほかにも、昔ながらの惣菜や天むす、揚げ物も売っているので、晩のお惣菜にもぴったりです。もちろん!明治時代から秘伝の特製ダレを使って丁寧に炊き上げた「時雨はまぐり」も販売していますよ。

【貝増商店】
http://kaimasushoten.com/

まだまだ見逃せないグルメが盛りだくさん!


「餅菓子工房 大黒屋」の名物、「みたらしソフトクリーム」。北海道産濃厚ミルクを使用したソフトクリームにみたらし団子がトッピングされた新感覚のスイーツです。

食べ歩きにもぴったり!


桑名で栽培されているモチのような食感の「桑名もち小麦」を使用したメロンパンもおすすめです。小麦のでんぷん質にもち性を持っているので、小麦しか使用していなくても、もちもちとした食感が楽しめます。

この日はすでに売り切れていましたが、もち小麦を使用した食パンも人気ですので、ぜひゲットしてみてくださいね!

こちらは「揚げはんぺん」の露店です。1パック270円で売られており、バリエーション豊富なはんぺんがそろっています。

中でも1番人気は、「玉ねぎ」。中に玉ねぎが入っており、甘くてとってもおいしいんです!手でつまみやすいサイズ感も嬉しいです。

三重県桑名市の飲料メーカー「鈴木鉱泉株式会社」のクリームソーダ 「スマックゴールド」。1970年の誕生以来、長きにわたって愛されています。

レトロかわいい瓶もたまりません。

おなかが満たされたら、いざ買い物へ


おなかを満たしたあとは、お買い物へ行ってみましょう!約200メートルの距離ですが、じっくり見ていると1時間はあっという間にかかります。

露店には新鮮な地元の野菜から海産物まで豊富にそろっていますが、迷っていると売り切れ!なんてこともあるので、これだ!とピンと来たら迷わずゲットしていくのが朝市攻略の秘訣です。

新鮮な海の幸がお値打ちにゲットできちゃう!?

三八市

この日のワタリガニは1杯300円と破格の安さ。

桑名港でとれた、新鮮なハマグリをはじめ、切り身魚や旬の鮮魚など種類豊富にそろっています。そして、驚きなのはその安さ!新鮮で品質のよい品物がとっても多いんです。

何があるかはその日のお楽しみ!宝探しのようなお買い物ができるのも、市場ならではの魅力の一つです。

地元の野菜や果物も豊富!

地元の農家さんがつくった野菜も見逃せません!朝採れ野菜はもちろんのこと、新鮮で絶品なお野菜が安く手に入ります。

気に入った野菜は農家さんによっては箱単位での購入も可能ですよ。

桑名の特産品や土産物をゲットしたい方は、「くわな まちの駅」もおすすめです。市の物産、特産品、土産物、農産物などが一堂に集約して販売されています。

桑名市の物産を知りたい方、お土産物を買って帰りたい方にぴったりな場所です!

【くわな まちの駅】
https://www.machinoeki987.com/

最後に、高山都さんに桑名の魅力をお聞きしました。

​​高山都さんが感じた桑名の魅力とは?

「毎年一人でお伊勢参りに行くことを恒例行事にしたのですが、その後に寄れる場所がなくて、名古屋に寄って帰っていたんです。今回、桑名の魅力を探って行く中で、「多度大社」が伊勢神宮と深い関わりがあること、海も山も、温泉も、レジャー施設もある桑名は想像以上にポテンシャルの高いまちだと感じました。

なんで今まで知らなかったんだろう……。と思ったほどです。商店街を歩けば、まちの人が気さくに声をかけてくれる優しさも、大きな魅力だと思います。日本一のハマグリをはじめ、食通をうならせる食材もまだまだたくさんあります!

桑名の魅力を今後も発信して届けていきたいです。」


地元の人たちの生活に溶け込んだ三八市。おいしいものをお得に味わえ、その土地ならではのめずらしいものが購入できたりと魅力がたくさん詰まっています。朝市のためなら楽しく早起きできそうですよね。

三八市は毎月、3と8がつく日(月6回)に開催されています!名古屋からもアクセスがいいので、ぜひ週末のおでかけに訪れて、桑名の魅力に触れてみてくださいね。

Photography by Kanae Hori

NEXT
【スウェーデンの暮らし】全く別物?スウェーデンと日本のIKEAを徹底比較

海外

スウェーデン
PREVIOUS
イベントも盛りだくさん!“元気な銭湯”の象徴「平田温泉」

おでかけ

名古屋市・東区

【三八市】
毎月3と8がつく日(3、8,13,18,23,28日)

【桑名寺町通り商店街】
住所  :三重県桑名市北寺町45
営業時間:店舗により異なる
定休日 :店舗により異なる
https://www.teramachi-kuwana.com/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ALESCO

特集一覧へ

ile