MENU SEARCH

暮らしを楽しむための複合施設「la CASA HILLS(ラ・カーサ安城)」に行って来ました

おでかけ

愛知県・安城市
2017.12.08

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

本当に良いと思ったものだけをセレクト。
インテリアショップ「soup.Life Store」

soup.Life Store

soup.Life Store

続いては、インテリアショップ「soup.Life Store」へ。安城のインテリアショップ「soup.」の2号店。贅沢なものではなく、丁寧なもので、自分の時間が豊かになる、そんなアイテムをセレクトしているショップです。企画展やワークショップなど、学びや体験の場になるイベントが企画されています。地域の方のリクエストなども反映し、アイテムをセレクトすることもあるそう。

soup.Life Store
家具は北欧のものを中心にセレクト。mina perhonenのコラボアイテムなども扱っています。
soup.Life Store季節のフェアも多数開催。この日は、スウェーデンのブランケットブランドKLIPPANが展開されていました。
soup.Life Storeキッチンウェアからフードまで丁寧にセレクトされたアイテムが並びます。ギフトを探しに来られる方も多いそうですよ。

「soup.Life Store」の魅了の一つは、スタッフさんの知識の豊富さ。展示会などは、バイヤーだけでなくスタッフ皆さんで行かれ、本当に良いと思ったものだけをセレクトしています。今回は、スタッフの山本さんに一押しのアイテムを聞いてみました。

HIROSHIMA アームチェアHIROSHIMA アームチェア ¥151,000(+TAX)

おすすめは、こちらの「HIROSHIMA アームチェア」。日本のプロダクトデザイナー深澤直人氏がデザインし、広島県のマルニ木工さんが製造しています。アップルの新本社にも導入され、世界でも注目されている話題のチェアです。

soup.Life Store優しい雰囲気が印象的なスタッフ山本さん。一つひとつのアイテムを丁寧に説明してくれるので、お気に入りのアイテムが見つかりそう。

HIROSHIMAチェアは、使用シーンを限定せず、あらゆる場所で使えることを想定したシンプルな構造のアームチェアです。削り出しで作られているので、表面がとてもすべすべでフィット感抜群。カバーリングというのも嬉しいポイント。アーム部分の曲線が美しく、座り心地がとてもよかったですよ。椅子を試すときは、自宅にいるときのようにリラックスした状態で座るのがポイントだそうです。

soup.Life Store

soup.Life Storeでは、アイテムの誕生の背景、作り手の想いから、購入後のお手入れ方法まで丁寧にアドバイスをくれます。インテリア初心者でも安心してお気に入りを探すことができますよ。

【soup.Life Store】
住所  : 愛知県安城市篠目町竜田86-8
営業時間:11:00〜19:00
休業日 :水曜日、第3火曜日
TEL.  :0566-93-4131
http://www.b-soup.com/lifestore/

NEXT
江南で見つけた!暮らしを楽しむヒントが見つかる場所。 ラ・カーサテラス

おでかけ

愛知県・江南市
PREVIOUS
つくれるものは自分でつくる。DIY好きの奥様のこだわりが満載、大好きなものに囲まれた暮らし(ブルーハウス)

住まい

愛知県・岐阜県・三重県

【ラ・カーサヒルズ】
愛知県安城市篠目町竜田86-5
http://www.lacasa.co.jp/lacasahills/

・TEA HOUSE ANJO(カフェ・ウェディング)
営業時間 10:00〜21:00
休業日 水曜日

・soup.Life Store(家具)
営業時間 11:00~19:00
休業日 水曜日、第3火曜日

・for living(家具)
営業時間 10:00〜18:00
休業日 水曜日

・TOP HAIR(美容院)
営業時間 平日 10:00~20:00/土日祝 9:00~19:00
休業日 月曜日

・la CASA ANJO(注文住宅・リノベーション)
営業時間 10:00~18:00
休業日 水曜日

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
エネファント

特集一覧へ