MENU SEARCH

【フィルムカメラを片手に】「LOVERS NAGOYA vol.02」を片手に(Autoboy2 編)

おでかけ

名古屋市・名駅
2021.02.03
堀佳奈絵

堀佳奈絵

フォトグラファー/名古屋在住

【フィルムカメラを片手に】「LOVERS NAGOYA vol.02」を片手に(Autoboy2 編)

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

こんにちは。フォトグラファーの堀です。
フィルム散歩記事第4弾は『LOVERS NAGOYA vol.02』を片手にお散歩してきました!
今回は名古屋国際センターエリアです。

LOVERS NAGOYA』は、以前取材させていただいたこともある大ナゴヤツアーズ実行委員会代表の加藤さんが中心となって「名古屋の『名物』を載せたガイドブックではなく、『好物』をまとめた1冊を作りたい」という想いからできた名古屋案内本です。
歩いて回れるエリアが1冊にまとめてあるのでカメラ散歩にもぴったり!

さて、今回もフィルム散歩記事第3弾に続いて『CANON Autoboy2』というコンパクトフィルムカメラと一緒にお散歩してきました。
それではおさんぽへ行ってみましょーう!

かこ

この日もモーニングからスタート。まず向かったのは『KAKO 花車本店』です。
プライベートでも数回訪れたことのある喫茶店です。
国際センター駅から徒歩3分、木の可愛い扉が目印です。

かこ

『KAKO 花車本店』といえば『シャンティールージュスペシャル』!
『シャンティールージュスペシャル』は、4分割されたバタートーストに、あんこ、生クリーム、自家製のジャムがのった見た目も華やかなトースト。あんこも生クリームも甘すぎず、ペロリと食べてしまいます。自家製ジャムはお店でも購入することができるので、おうちで美味しいジャムトーストを食べることもできます♩

お腹が満たされたので、柳橋中央市場へ向かいます。

柳橋中央市場のスローガンは「活魚と共に百年」。
約100年の間、東海地方の台所を支えてきました。丸中食品センターはその中心的な存在です。

鮮魚店だけではなく、肉や乾物など売っているお店や、飲食店もあって普段とてもにぎわっています。私は行ったタイミングが悪く、ちょうど朝の競りなどが終わってお店などもしまってしまう時間でした……。(色々買いたかったなぁ〜)

さて次は、丸中食品センターを出てすぐのところにある「岡田屋」へ寄り道です。

ここで『Y.MARKET BREWING』の缶ビールが買えると情報が!(LOVERS NAGOYA vol.02に書いてありました)『Y.MARKET BREWING』も今日のお散歩コースに入れたかったんですが、入れることができなかったのでここでビールだけゲットです。

定番商品はもちろん、数種類のビールが置いてありました。
私は定番のイエロースカイペールエールと、少し変わったループステーションレッドを購入。ビール党ではない私ですが、フルーティなホップでとっても飲みやすかったです!

そのまま一旦名古屋駅方面へ。

一度ナナちゃん人形にご挨拶。

お正月モードなのか?七福神さまになってました。
また国際センター駅の方へ戻っていきます。

駅を通り越して見えてきた堀川。以前は近くにオフィスがあったので、毎日のように見てた堀川。見るとなんだか安心するんですよね。

堀川沿いを歩いて行って、辿り着いたのは『美濃忠』。

失礼ながら、美濃忠について詳しくなかったので着いてびっくり。とっても立派な店構えで興奮してしまいました。

立派な門をくぐってお店に入ると趣のある店内はとても広く、私の他にも数名のマダムたちがお買い物をしていました。ここで看板商品の『上り羊羹』を購入。食べた瞬間お口の中で消えていく甘すぎない羊羹は絶品でした。

美濃忠をでて、四間道、円頓寺商店街をうろうろします。お散歩記事第一弾は円頓寺だったことを思い出します。

今回、『LOVERS NAGOYA vol.02』を読んで四間道には、屋根神様がいらっしゃる
おうちがあると知り、おうちの屋根を見ながら歩きます。

こちらが屋根神様。
疫病や火災などの恐怖から身を守るために、庶民が祈りを込めてつくったもので、屋根の上に小さな社を祀るというのは名古屋独特のものだそうです。

円頓寺商店街を抜けます。

少し行ったところにある『ROWS COFFEE』へたどり着きました。

ここで少し休憩。『Irish egg latte』をいただきました。シナモンのいい香りがするラテは、クリーミーでおいしかったです。

休憩して元気になったので、足を伸ばして『たつや』へ到着。

店内にも店外にもお菓子がいっぱい!
懐かしいお菓子もいっぱいで、きっと友達と来ていたらお菓子を大量買いしていたことでしょう。

そろそろお散歩も終盤。
最後は『なごのキャンパス』を目指します。

とその前に、なごのキャンパスで作業をしているスタッフにお土産買って行こうと『松露堂』へ寄ります。

でも残念、この日はすでにきんつば売り切れでした……。
今度はもっと早く行こう、と心に誓います。

『松露堂』からすぐのところに最後の目的地『なごのキャンパス』はあります。

ここで作業をしていたスタッフと合流し、中を案内してもらいました。
『なごのキャンパス』は、旧『那古野小学校』跡地にできたオフィスとコワーキングスペースを擁するインキュベーション施設です。

1階にあるコワーキングスペースは、お洒落で遊び心ある感じにリノベーションされていました。2階3階に上がっていくと、そこは見覚えのある学校の廊下でなんだか不思議な感覚になりました。
久しぶりに学校に入ったような懐かしい気持ちにさせてくれた場所でした。

そんな感じでボリューム満点の『LOVERS NAGOYA vol.02』散歩は名古屋駅に戻って終了です。
今回もたくさん歩いて、名古屋の魅力をたくさん感じてきました!
そして、私は次の日ひどい筋肉痛でした。笑

『LOVERS NAGOYA vol.02』で巡った周辺には『chari chari』が借りられるところもたくさんあったので、サイクリングでも良いかもしれません。

皆さんもぜひ巡ってみてくださーい♩

NEXT
「リアルなエリア情報を届けたい。」 ローカルメディアサイトreallocal名古屋がはじまりました。
「リアルなエリア情報を届けたい。」 ローカルメディアサイトreallocal名古屋がはじまりました。

ライフスタイル

愛知県・名古屋市
PREVIOUS
宅配買取ができる!中古レコード&CDの買取おすすめ15選
宅配買取ができる!中古レコード&CDの買取おすすめ15選

ライフスタイル

堀佳奈絵

堀佳奈絵

フォトグラファー/名古屋在住

アライブ株式会社の専属フォトグラファー。普段はウェブサイトで使用する写真をメインに、さまざまな媒体に掲載する写真を撮影をしています。

気ままな投稿になりますが、写真を通じて名古屋の魅力を発信していきます。

https://horic46d.myportfolio.com/

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
エネファント

特集一覧へ

エネファント