100年後の暮らしを本気で考える場所「未来デザインラボ」|日進・赤池

2019.4.8
未来デザインラボ

2018年8月21日、日進・赤池にて誕生した「未来デザインラボ」。未来デザインラボでは、「la CASA」「1/千」「SUVACO」の3社がそれぞれの視点から、「未来の生き方や風景とは何か」をオープンラボやセミナー・コンペ等を通じて、学生や多方面の専門家と模索・創造するプロジェクトです。

 


未来デザインラボ鶴舞線・豊田線「赤池」駅2番出口より徒歩5分ほどの場所にあります。

 

 

未来デザインラボとは?

 

未来デザインラボ


ワークショップ

 

まずは未来デザインラボについてご説明いたします。


ここでは、未来に生きる若い世代の価値観や夢・アイデアを、多方面のプロフェッショナルたちを招き、日々「新しい暮らし」「新しい住まいのカタチ」を本気で考え創造しています。


取材当日は、リノベーション会社「ブルースタジオ」の吉田氏によるオープンゼミ「都市開発を体感しよう!」が行われていました。学生さんたちが熱心に話を聞いて取り組んでる姿が印象的でした。

 

 

未来を創造する3人の仕掛け人たち

 

「la CASA」「1/千」「SUVACO」

 

未来デザインラボは、「la CASA」「1/千」「SUVACO」の3社が共同で運営をしているのが最大の特徴です。

 

左から「1/千」を手がける建築家・間宮晨一千さん、株式会社ラ・カーサ代表 熊澤治夫さん、SUVACO株式会社 代表 黒木武将さん。

 

間宮さん

 

まずは、プロジェクトの発起人でもある建築家・間宮晨一千さんのご紹介をいたします。間宮さんは、建築の設計はもちろん、「なごや朝大学」という社会人向け講座の運営や、「高蔵寺ニュータウンのまちづくり」「愛知淑徳大学」の講師などその活動は多岐に渡ります。

 

 

【1/千】
http://www.m-s-ds.com/

 

 

熊澤代表

 

お2人目は、1902年創業の住宅会社「ラ・カーサ」の代表・熊澤治夫さん。

 

ラ・カーサでは、大手住宅メーカーが大量生産する画一的な家づくりではなく、建築家の世界観が色濃く反映される家づくりでもなく、家を建てる人による、家を建てる人のための、理想のオーダーメイドの家づくりを、愛知県を中心に行っています。

 

更に、暮らしの愉しみを感じていただけるようにと、カフェ・セレクトショップ・グリーンショップ・美容室を事務所と同じ敷地内で運営しています。

 

熊澤代表の記事はこちらから
https://life-designs.jp/webmagazine/lacasa_interview/

 

【ラ・カーサ】
http://www.lacasa.co.jp/

 

スバコ

 

最後は、住まいのプロに出会えるマッチングサービス「SUVACO(スバコ)」の代表黒木武将さん。

 

家づくりを検討されている方は、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。もともとは金融業界出身の黒木さんは、ご自身が家づくりをされた際の悩みや不満がきっかけとなってSUVACOを立ち上げられました。SUVACOでは、サイトを通じて家をつくりたい一般ユーザーが、それを実現してくれる住まいの専門家を見つけることができます。

 


【SUVACO】
https://suvaco.jp/

 

この3人の仕掛け人たちによって誕生したのが、未来デザインラボなのです。

 

 

社会に対して問いかけるようなプロジェクトを

 

熊澤代表

 

今回は、より深くみなさんに、未来デザインラボの存在を知っていただくため、ラ・カーサの熊澤代表に誕生のきっかけや今後の取り組みについてお話をお伺いしました。


熊澤代表:「「1/千」の間宮さんが話をくださったのがきっかけでした。もともと、この土地を所有していた間宮さんから「”社会に対して問いかけるようなプロジェクト”をやれないでしょうか?」と声をかけていただいたんです。

 

このエリア(日進・長久手)は、日本で最も世帯年齢が若い人たちが住んでいる街なんですね。また、多くの大学もこのエリアに集まっています。自社の拠点としても、おもしろい場所だと思いました。

 

またラ・カーサでは、家は「人が暮らしていくための器」であると考えています。建物という入れ物をつくることではなく、そこでどのように暮らすのかという中身をご提案することを大事にしているので、その点でも間宮さんとは考えが一致したんです。」

 

 

訪れる人たちの未来を広げる場所に


オープンゼミオープンゼミの様子

 

熊澤代表:「未来デザインラボをつくるにあたり、間宮さんは大学の講師もされているので、ここで、オープンゼミのようなことをしたらどうですか?と提案しました。大学の講義だけでは知ることができない知識や、ライフスタイル・暮らしを知る機会になると思ったんです。ラボの真ん中にはキッチンがありますし、窓を解放して、庭でBBQもできます。みんなでワイワイしながら意見交換できる場を目指しました。

 

また未来デザインラボに訪れる方は業種もさまざまです。あらゆる分野の方を巻き込むことで、新たな化学変化が起こると思っています。」

 

 

新しい働き方の提案

 

新しい働き方

 

未来デザインラボ内では、3社が同じ場所で働いています。そのことについてもお伺いしました。

 

熊澤代表:「利用するスタッフたちは席は決まっておらず、どこでも作業をすることが可能です。また、未来を創造していく場所だからこそ、デザインも未来を感じるような空間を目指しました。

 

お昼どきには、キッチンでスタッフたちがランチの準備をするのですが、3社が日替わりで当番を交替しています。ラボを中心にさまざまな意見交換が生まれるのも新しい働き方だと思いますね。変わりゆく時代の中だからこそ、コミュニケーション手段、食、農、働き方など、さまざまな切り口で「新しい暮らし」「新しい住まいのカタチ」を本気で考えていくことが必要です。」

 

未来デザインラボ

休憩スペース

 

ラカーサ打ち合わせスペース

 

 

未来へ飛び出していくこと

 

らカーサ


熊澤代表:「ここに来れば、日常では出会えない専門家たちと意見を交わすことができます。そしてそれは決して、学校では教えてくれないことばかりです。学生たちには、おもしろがって参加していただきたいですね。今後の未来を担っていくのは彼らですから、まずは飛び出してみていただきたいです。

 

今後は、ここだけでなく、モニターをつないで、日本中の学生が集まって話合う場もつくっていきたいと思っています。」

 

未来デザインラボでは、毎月ゲストを招いてイベントを開催されているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 


 

今回未来デザインラボへ訪れて、新しい未来の学びを見た気がしました。こんなにも刺激的で、新しい扉を開いてくれる、そして未来を考える、きっかけを与えてくれる場所、「未来デザインラボ」ここで学べる学生さんたちがうらやましくて仕方ありません。

 

熊澤代表の言う通り、まずは”飛び出してみること”。勇気を持って飛び込むことで、新しい世界は広がっていくのだと思います。今後の未来デザインラボがますます楽しみです。

 

 

【未来デザインラボ】
住所  :〒470-0125 日進市赤池2-808
電話番号:052-846-8477
営業時間:10:00-18:00(水曜定休)
https://miraidesign-lab.jp/