MENU SEARCH

多治見の作家に出会えるカフェ「うつわとごはん カフェ温土」

カフェ

岐阜県・多治見市
2019.07.17

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

注目の2号店もオープン

ヒラクビル

2019年3月にオープンした「ヒラクビル」。館内では、東文堂が運営する書店「ひらく本屋 東文堂本店」や、本を楽しみながらホッと一息つける喫茶店「喫茶わに」を併設しています。また2Fには、シェアオフィスやレンタルルームもあり、地域の人たちの交流拠点となる場所を目指しています。

ヒラクビルの記事はこちらから

岐阜県産の食材を使用したこだわりのメニュー

温土1

温土が多くの方に支持されている秘訣は、メニューへの徹底したこだわりです。食材は岐阜県産の野菜をふんだんに使い、食事のときに提供される「玄米」は太陽の光と風でゆっくりと自然乾燥する「はざかけ米」を使用するなど、スタッフさんたちの愛情がたっぷりと込められています。

店長の田平さんに、料理へのこだわりを伺いました。

ランチ

ランチのメニューは、日替わりの副菜が付く温土定食・月替りメニュー・温土のカレーの全4種類。

ランチ温土定食1,000円(税込)

田平さん:「料理に使う食材はなるべく、岐阜県産のものを中心に、安心して食べていただけるものを使っています。調味料もオーガニックなものや自分たちでつくれるものはつくるようにしています。

ランチメニューは地元の農家さんが持ってきてくださる旬の野菜をみて、その日の天気やご予約のお客さまのこと、私たちの気分も合わせながら調理しているので、同じ組み合わせになるのは稀なんです。そのためか、毎日のようにご来店くださるお客さまも多くいらっしゃいますよ。」

−お米にもこだわられているんですよね?

田平さん:「お米は、逆さにして天日乾燥させる「はざかけ米」という古来の手法で乾燥させた玄米を使用しています。一般的なお米と大きく違うのは、近年は機械による稲刈り・乾燥が主流の中で、刈り取った稲を人の手で自然乾燥させていることです。時間はかかりますが、お米本来の味をしっかりと引き出してくれるんです。お客様にも、とてもよろこんでいただけていますよ。」

ドルチェドルチェ500円

デザートも、そのときどきで季節感を感じるものを提供しています。自分たちでつくれるものは、調味料でもなんでもつくっているのだそう。訪れるたびに、メニューが違うのもまた、来るときの楽しみになります。

うつわ

やさしくて、あたたかな空気の流れる店内は、ついおしゃべりに夢中になってしまう居心地のよさがあります。すてきな器に囲まれながら、体にやさしい食事を味わってみてくださいね!

外観

温土では、定期的にワークショップやイベントも開催されていますので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

NEXT
【大人気スタイリストに聞いた】知っているだけで差が出る!ヘアアレンジの10個のポイント

ビューティー・健康

名古屋市・栄
PREVIOUS
【若旦那のおすすめ!】冬だけじゃない!白川郷、夏の楽しみ方

おでかけ

岐阜県・大野郡
1 2

【うつわとごはん カフェ温土】
住所  :〒507-0033 岐阜県多治見市本町3丁目11タジミビル1F
営業時間:11:00−18:00
定休日 :水曜日、最終火曜日
https://www.facebook.com/pages/category/Restaurant/%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E6%B8%A9%E5%9C%9F-217195565005854/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ALESCO

特集一覧へ