昭和の香りが残る栄エリアへ、レトロ探訪の旅|栄・中区

2019.2.28
レトロ探訪

栄のランドマーク「中日ビル」がいよいよ3月末で閉館。再開発がすすむ栄エリアでは相次いでレトロなビルや昔懐かしい喫茶店が姿を消しています。今残っている建物も、いつかはなくなってしまう……。そう思うと、今しか見られない風景を目に焼きつけておきたい!そんな気持ちになります。

 

今回は、栄エリアを中心に、昭和の香りが残るレトロ探訪をしてきました。

 

 

3月末で閉館。さよなら中日ビル

 

中日ビル

 

まずは、「中日ビル」からスタートです。

 

地上12階建ての館内には、オフィスや中日文化センター、中日劇場など180のテナントが入居。地下2階~3階にある中日ビルタウンは、グルメやファッション・雑貨など約100店舗が並んでいました。

 

中日ビル

 

だんだんと字が小さくなっていく中日ビルの正面玄関のサイン。建てた人の意図が気になります。


中日ビル

丸窓もとってもいけてます。


ステンンドグラス

 

1階にある駐車場の入口近くには、大きなステンドグラスがあります。作者はわかりませんが、中日ビル・名古屋テレビ塔・名古屋城・ナゴヤドームなど、名古屋を代表する施設が施されています。これも保存させるのでしょうか。

 

壁画

 

ビルの最大の特徴はエントラスをくぐると出迎えてくれる、この大きなモザイク壁画です。モザイク壁画を手がけたのは、モザイク壁画の第一人者、岐阜県大垣市出身の洋画家・矢橋六郎氏。

 

この時代、建設費の一部を芸術に充てるという流れがあり、公共施設や社屋、デパート、大型ビルなどに多くの芸術作品が施されていました。現在でも名古屋市内で多くのモザイク壁画を見ることができますよ。

 

ビルの閉館とともに、取り壊されることが有力視されていましたが、新ビルに移設されることが決まったそうなので、新しいビルではどんな形で見られるのかとても楽しみです。


【中日ビル】
住所  :〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄4丁目1−1
営業時間:9:00~21:00

http://www.chunichi-bldg.co.jp/

 

 

 

ノスタルジックな世界が広がる屋上遊園地

 

松坂屋

 

お次は、松坂屋へ移動してレトロ探訪です。松坂屋でもっともレトロな場所といえば、「屋上遊園地」。全国的にも激減しているデパートの屋上遊園地ですが、名古屋市内では「三越」と「松坂屋」の2カ所が現在も運営を続けています。


 松坂屋

「スカイランド マツザカヤ屋上遊園」の文字もレトロでいい感じです。


屋上

 

屋上遊園地の魅力はレトロでかわいい乗り物はもちろんですが、小さなお子さまでも安心して遊べるところです。

 

松坂屋は特に乗り物が充実。新幹線や汽車、トーマスやアンパンマンなどバラエティに富んでいます。整備もしっかりと行き届いていますよ。

 

【松坂屋名古屋店】
住所  :〒460-8430 愛知県名古屋市中区栄3丁目16−1
営業時間:10:00〜18:00(※営業時間は館内によって異なります)

https://www.matsuzakaya.co.jp/

 

 

地下街が昭和すぎる「栄町ビル」の名店街

 

栄

 

栄


丸栄のすぐそば、国際ホテルを併設するビルが「栄町(えいちょう)ビル」です。ここも、2020年までに取り壊しが決まっており、訪れることができるのもあとわずかです。

 

それでは早速名店街へ行ってみましょう!

 


六角

 

地下へ降りる階段の途中には六角看板が。すでにレトロな香りがプンプンしています。


サイン

至るところにあるのサインもすごくいい感じです。

 


ペリカン

 

外観からもそそられる喫茶店です。食品サンプルが並ぶショーウィンドウもたまりません。

 

 

地下街には、テナントがびっしりと入居してます。ここには隠れ家的な名店も多く入っているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

【栄町ビル】

住所  :〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3丁目23−31
営業時間:営業時間はテナントによって異なります。

 

 

今はなき丸栄百貨店&旧明治屋名古屋栄ビル

 

 

せっかくなので、丸栄百貨店(以下丸栄)にも足を運んできました。丸栄は、建築家「村野藤吾」が設計を手掛けたことでも有名です。

 

デザインを語る上で欠かせないのが、壁面のモザイクです。こちらも、村野氏がデザインをしており、多彩なタイルの向きや目地の間隔・色合いまでを巧みに使い分けています。

 

日本建築学会賞の作品賞を全国の百貨店の中では唯一受賞しており、歴史的にも貴重な建造物であることから、「LIXIL」が壁画の保存をすることが決まったそう。近い将来には、INAXライブミュージアムで展示される日も近いかもしれません。

 

 

明治屋


2014年5月に閉店した明治屋ビル。古き良き時代の雰囲気を感じる重厚感のある建物です。あと数年後には、丸栄と明治屋が並ぶ景色をみることもないのだと思うと、少し寂しい気持ちになりました。

 

 

まだまだあるレトロなビル

 

レトロ

 

こうして視点を変えて歩いていると、「あれ、これもすてきなビルじゃない?」と思うものに出会います。ただの古びたビルも、愛着を持って見はじめた途端、魅力的に映るものです。

 

ここからはハイライトで、レトロな佇まいをしたビルたちをご紹介していきます。

 

丸栄

 

丸栄のすぐそばにあるたこ焼き屋さんの入っているビル。近くでみていると気づきにくいですが、遠目でみると、デザインがすごく個性的です。昔はその横にあったビルも、個性的ですてきでしたが、現在は取り壊されてしまいました。

 

 

 

 

 

散策していると、おもしろい形をしたビルやタイルが全面に施されたデコラティブなビルなど、個性的なビルがたくさんあることに気づきます。レトロなビルを見つけると、うれしくなってきました。

 

まだまだたくさん栄エリアには、レトロビルがあるので探してみてくださいね!

 

中日ビル

 

レトロ探訪を終えて、中日ビルへ戻ってきました。レトロ探訪最後のシメはサンモリッツへ(現在は閉店)。

 

 

サンモリッツ

 

 

窓がガラス張りになっているため、景色を楽しみながらコーヒーを楽しむことができます。

 

シュークリームシュークリーム 270円


名古屋を代表する喫茶店サンモリッツ。1月末をもって閉店してしまいましたが、サンモリッツ高岳本店・今池ガスビル店・エスカ店は変わらずに営業中ですので、絶品のシュークリームやスイーツ、軽食を楽しめますよ。

 

 

古いビルがどんどん建て変わっていく栄エリア。この景色は今後どんな風に変わっていくのだろうと、懐かしむ気持ちと、今後への期待感が交錯します。

 

今だからしか見られない風景を探しにレトロ探訪をしてみるのはいかがでしょうか。知らない名古屋の街がそこにはたくさんありますよ。