MENU SEARCH

TRIMSO(トリムソウ)オーナー家久さんにインテリアの魅力について伺ってきました

インテリア

愛知県・春日井市
2017.12.27

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

インテリアショップを始めるきっかけとなった
美容院との出会い。

TRIMSO 照明
大型のイカ釣り漁船電球¥2,800(税別)

TRIMSOは大須で開店する前、美容院の一室を間借りして、美容院に来るお客さんに家具を見てもらうかたちではじめたそうです。

家久さん:「お店を始める前のことです。近所に看板も出していないけど、見るからに素敵な美容院を見つけました。そこのオーナーさんは、DIYが今みたいに流行る10年以上前から自分でDIYをやるような人で、すごくセンスがいい人だったんです。あるとき、「お店のイメージに合う本棚が欲しいんだけど、オーダーしてつくってもらうと高いし」なんて話をしていました。

「このお店の雰囲気なら、うちの主人、家具もつくってるんでできると思いますよ。」って話をしたら、家具を製作させてもらうことになったんです。そしたら、すごく本棚を気に入ってくださいました。そこの美容院は、2棟の長屋を借りながらも1棟しか使用しておらず、1棟余っていました。オーナーさんが「家具を長屋に置いて、美容院に来てもらった人に見てもらえばいいじゃん」って、言ってくださったんです。

その言葉で一歩前に踏み出すことができて、インテリアショップを始めるきっかけになりました。店名の由来は、そこの美容室の名前がトリムさんで、そこに荘をつけて、トリムの家ってことで、トリムソウになったんです。実はめちゃくちゃ日本名なんですよね(笑)」

店内の様子

家久さん:「最初は、なんの施工事例もなかったんですが、いきなりテーブルの注文をいただいたり、庭の外構をやってもらえませんかと、話をいただくようになったんです。そんなに自分たちの家具がすぐに売れるなんて思ってなかったので、正直びっくりしましたね。じゃあ、試しにってことで、当時、一番集客があるイベントが覚王山まつりだったので、出店することになったんです。

出店してみると、想像以上に古い雑貨とかも売れるんです。「なんか売れるね」ってなって、古い雑貨や家具が好きな人っているんだねってことが多少分かるようになり、本格的にお店を考えるようになりました。どうせなら集客があるとこがいいよねってことで、大須に出すことになったんです。」

大須で見つけた古いビル

外観

美容院の一室からスタートしたTRIMSOは、大須で本格的にインテリアショップをオープンさせます。

家久さん:「本格的にインテリアショップを始めることになり、最初にオープンした店舗が大須の古いビルの一室でした。私たちが見つけたそのビルはRC構造が出始めたころの、めちゃくちゃ素敵な古いビルだったんです。

部屋自体は狭かったんですけど、内装やビル自体の雰囲気がすごくいいので、ビルに合った古い家具やオーダー家具を置きました。

私はオーダー家具だけっていうのも嫌なんですよ。まずはお店に来てもらって、「あ、この雰囲気いいよね。」とか、お店でマグカップを買ってたお客さんが、結婚するようになって「家具を買うならTRIMSOがいいいよね」ってなっていくものだと思っているんです。それに、いきなり見ず知らずの店でオーダー家具なんて買わないじゃないですか、古いものも好きだったので、古い家具をやりつつ、オーダー家具もできますよってことでスタートしました。

DIYアイテム

日本の家具もあれば、アメリカの家具もあればいいんじゃないって。日本って文化もごちゃ混ぜですしね。北欧が好きだから、北欧の家具ばかりある家ってそうそうないんですよ。

女の人って、特に浮気症だから、気づいたら国がバラバラなんてこともあって、でもそれでいいと思っていて、テイストが決まっているお店もかっこいいけど、そういうお店ってどうしても敷居が高く感じる。私たちは、そういうお店はつくりたくなかったのが、理由でもあるんです。」

NEXT
1,400㎡の倉庫をリノベーションで活用。クリエイターズ集団がつくるシェアオフィス『ジユウノハコ』
1,400㎡の倉庫をリノベーションで活用。クリエイターズ集団がつくるシェアオフィス『ジユウノハコ』

住まい

名古屋市・中村区
PREVIOUS
ヴィンテージ家具&オーダー家具でオリジナルな空間を提案。TRIMSO(トリムソウ)
ヴィンテージ家具&オーダー家具でオリジナルな空間を提案。TRIMSO(トリムソウ)

インテリア

愛知県・春日井市

【profile】
家久ゆう子 YUKO IEHISA
インテリアコーディネーター(IC 082222A )1972年 広島生まれ 。工務店を営む親戚の影響からか家の図面をみて部屋を空想したり、インテリア雑貨が大好きな幼少時代を過ごす。 田舎者特有の東京に憧れ、大学は京都に寄り道したものの東京に就職。 東京青山のインテリア雑貨店でモダンファニチャー大全盛の時代を経験。 さまざまなお店運営、出店を経験したのちフリーのバイヤー兼コーディネーターに。 結婚後名古屋に移住。インテリアを楽しむ人口を増やしたいという思いを抱き、TRIMSOをはじめる。

 

【TRIMSO(トリムソウ)】
住所    :愛知県春日井市市勝川町2-6-9
電話番号  :0568-36-9730
営業時間  :日曜・祝日 11:00〜18:00 平日:11:00~17:00
営業日   :毎週日曜日、月曜日、火曜日、水曜日
web             :http://trimso.net/
Instagram:https://www.instagram.com/trimso/
facebook   :https://www.facebook.com/trimso

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
エネファント

特集一覧へ

エネファント