MENU SEARCH

おうち時間を楽しもう!薬局で買えるバスタイムにおすすめな入浴剤8選

ライフスタイル

2020.05.03

おうち時間を楽しもう!薬局で買えるバスタイムにおすすめな入浴剤8選

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

入浴剤はリラックスできるバスタイムを、より特別な時間にしてくれるアイテムのひとつです。外出を自粛する日々が続く中、せっかくのバスタイムくらい、プチ贅沢をしてもいいのでないでしょうか。

冷え性や肩こり・腰痛・疲労回復効果があるとされているもの。保湿や美肌効果のあるものダイエット効果のあるものなどバリエーションもとっても豊富!今回は薬局でも買える、おすすめの入浴剤をご紹介します!

ホットヨガスタジオLAVAとコラボした入浴剤
「アーユルタイム」

 「アーユルタイム」 レモングラス&ベルガモットの香り

「アーユルタイム」 レモングラス&ベルガモットの香り

続いては、バスクリンが、ホットヨガスタジオLAVAとコラボした入浴剤「アーユルタイム」。30~40代の健康・美容志向の高い女性をターゲットとして、「美しさを引き出すコンディションニング・バスソルト」をテーマに開発されました。

成分はインド産の天然由来の海塩を原料とし、香りは天然アロマブレンドでつくられており、温浴効果が高く、リラックス効果を高めてくれます。

<スタッフの感想>
お湯の色:透明な緑
とにかくよい香り!わたしがレモングラスやベルガモットの香りが好きなのもあるけど、入浴剤を入れて瞬間に香りで癒されました。
お湯は、メンタームよりも落ち着いた緑色になります。
入るだけでちょっと優雅な気分になれる入浴剤です。

編集部スタッフもイチオシ!
「きき湯 ファインヒート」

入浴剤

「きき湯 ファインヒート」 スマートモデル ホットシトラスの香り

Life Designsのスタッフも愛用しているのが、発汗や代謝促進に着目した「きき湯 ファインヒート」。プレミアムEX処方で炭酸ガス4倍。湯船に入れると、かなりの勢いで発泡します。

体が冷えた日や冷え性の方には特におすすめ。じわじわ温まってくるので、入浴が終わるころのは体はポッカポカ。血の巡りがかなりよくなるのを感じます。

疲労感を感じた日も、これを入れればとってもスッキリしますよ。

歴史を超えて愛され続けた伝統のブランド
「メンターム」の薬用保湿入浴剤

「メンターム」の薬用保湿入浴剤

「メンターム」の薬用保湿入浴剤

おなじみのメンターム。昭和初期から入浴剤のノウハウを積み重ねてきた紀陽除虫菊が近江兄弟社とともに作り上げた入浴剤です。

荒れ性・あせも・湿疹・ニキビ・ひび・あかぎれの効能に加えて、疲労回復・肩こり・腰痛・神経痛・リウマチ・冷え症・打ち身・くじき・痔・産前産後の冷え症とさまざまな効能がります。

また保湿にも力をいれており、和漢生薬の4つの成分、トウヒエキス・トウキエキス・ショウキョウエキス・ニンジンエキスを配合しているのが特徴です。薬用保湿入浴剤で至福のバスタイムを過ごしてみてはいかがでしょう。

<スタッフの感想>
お湯の色:透明な黄緑
はじめお風呂につかったとき結構生姜っぽい漢方っぽい香りがしましたが、入っているうちに気にならなくなりました。
なんならリラックスできました。内側からポカポカする感じです。
わたしは電気消してお風呂はいるのでそんなに色が気にならなかったけど、結構蛍光緑なのでそこが気にならない&あせもや湿疹、冷えの症状がある方は一度試してみるのも良いかもしれません。

美肌効果のある「お湯ごと美容液」

入浴剤

「お湯ごと美容液」 ホワイトブーケの香り

アルカリ湯タイプのお湯ととろみ成分で、美容液のようなまろやかなお湯感になる入浴剤です。香りのイメージに合わせて美肌エステ成分(保湿成分)を配合しています。ネーミングだけでも、かなりそそられますよね。

お湯は乳白色で、とろとろの美容液のような湯ざわりに変身します。全身をケアできる気持ちになります。

香りにもとても癒されるので、これを入れるとつい長風呂したくなります(笑)。

NEXT
【スウェーデンの暮らし】家族に新型コロナウィルス陽性者がいても外出OK?!集団免疫獲得を目指すスウェーデンの今。
【スウェーデンの暮らし】家族に新型コロナウィルス陽性者がいても外出OK?!集団免疫獲得を目指すスウェーデンの今。

海外

スウェーデン
PREVIOUS
一度は絶対に見てほしい!名作映画(アジア映画編)
一度は絶対に見てほしい!名作映画(アジア映画編)

ライフスタイル

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
アレックスコンフォート

特集一覧へ

ナサホーム