MENU SEARCH

【移転】毎日食べたくなるパン。円頓寺商店街の一角に佇む、天然酵母のベーカリー「芒種(ぼうしゅ)」

グルメ

名古屋市・円頓寺
2019.07.22

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

天然酵母で焼き上げた、やさしいパン

天然酵母 食パン(ハーフ)230円

まずは、食パン。表面はパリッとフランスパンのように歯ごたえがあり、中身は驚くほどふんわり、もちっとしています。小麦と微かな酵母の香りが口の中に広がります。

焼かずに食べると、かみごたえがしっかりと、焼くとカリッサクッとしており、どちらで食べても、抜群のおいしさです!毎日食べたくなる飽きのこない食パンです。

天然酵母 クランベリー 450円

続いては、お店の1番人気、クランベリーカンパーニュ。芒種では、カンパーニュ系のパンが特にファンが多いのだそう。パンに使うドライフルーツやナッツなども、オーガニックのものを使用されています。

見た目はハードですが、中はとてももっちりとしており、噛めば噛むほど、小麦のおいしさが口いっぱいに広がります。たっぷりと入ったクランベリーの酸味とパンの相性もたまりません!

天然酵母 クリームパン
クリームパン 220円

どの年代の方にも食べていただきたいという想いから、クリームパンやあんぱんなど昔から馴染みのあるパンが並ぶのも芒種の魅力です。

甘さ控えめのカスタードと、昔ながらの素朴なパンによく合います。これは何個でも食べられてしまいそう……。

天然酵母 ゴマさつま 220円

最後にご紹介するのは「ゴマさつま」。来店されていたお客様に、孫がこのパンが大好きだからぜひ食べてみてね。とおすすめしていただき購入させていただきました。

中には、さつまいもがゴロゴロと入っており、香ばしいごまの香りがたまりません。

早いときは、お昼過ぎになくなってしまうこともあるそうなので、お目当のパンがある際は、早めにお店にいくのがおすすめです!

天然酵母 今後は、イートインできるスペースもつくっていく予定とのこと。

私たちが訪れた日は6月6日。この日は、偶然にも店名の由来でもある二十四節気の一つ「芒種」の日でした。取材中に来店されたお客様は「今日は芒種の日だから、孫の好きなパンを買いにきよ。」と、杉江さんとの会話を楽しみながらパンを選ばれている姿が印象的でした。

芒種のパンからは、杉江さんの愛情がひとつひとつ、たっぷりと込められているのが伝わってきます。手間ひまかけて、焼き上げたパンは、味わい深く、噛むほどのおいしさが広がる、毎日食べたくなるパンです。

ぜひ、足を運んでみてくださいね!

Photography by Kanae Hori

NEXT
【スウェーデンの暮らし】世界最大規模!クラシックカーの祭典 Summer Meet

海外

スウェーデン
PREVIOUS
【Rinakoより愛を込めて。NYC日記】インテリア事情 in NYC

海外

ニューヨーク
1 2

【芒種(ぼうしゅ)】
住所:愛知県名古屋市西区那古野1-35-16
営業時間:10:30-18:00
定休日:火・水
facebook

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ALESCO

特集一覧へ

ALESCO