三重県初上陸。大人も楽しめる森の中のアウトドアパーク「フォレストアドベンチャー・湯の山」を徹底レポート!

2019.3.29
フォレストアドベンチャー湯の山

自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー・湯の山」が、2019年3月16日に三重県菰野町にオープンしました!

 

長さ100mを超える「ジップスライド」や、高さ約10mから飛び降りる「ターザンスイング」。森という非日常の空間で、スリル・爽快感・達成感を味わえるアウトドアパークです。

 

 

 

フォレストアドベンチャーとは

 

フォレストアドベンチャー

 

森林


フォレストアドベンチャーは、フランス発祥の「自然共生型アウトドアパーク」です。フランスのアルタス社が開発したフォレストアドベンチャーは、1997年に企業研修用の施設として誕生しました。その楽しさが外部に広がり一般公開され、現在ではヨーロッパをはじめ世界で250箇所以上の施設があります。日本では、2006年8月に富士山麓の標高1100mの森に第1号のパークがオープンしました。

 

プラットフォーム

 

フォレストアドベンチャー

 

「フォレストアドベンチャー」では、自然の立木の地上2~15mの位置に設置されたプラットフォームと呼ばれる足場に登ります。そこから別の木に空中散歩を楽しみながら移動していき、地上へはジップスライドで一気に滑り降りるという、子どもから大人まで楽しめるアドベンチャースポーツです!

 

 

 

実際に体験してみました!

 

フォレストアドベンチャー湯の山
場所は、新名神高速道路菰野ICより約6分です。電車の場合は、近鉄電車「湯の山温泉駅」から徒歩10分ほど。

 

チェーンソーアートチェーンソーアートでつくられたクマやフクロウがお出迎え。パーク内には、こうしたフォトスポットも数多く設置されています。

 

更衣室
更衣室もあるので、現地での着替えもOK!

 

「フォレストアドベンチャーの楽しさをできるだけリアルにお届けしよう!」ということで、今回は実際にスタッフが挑戦させていただきました。

 

フォレストアドベンチャーは、「アドベンチャーコース」・「ディスカバリーコース」・「キャノピーコース」・「キッズコース」の4つのコースがあります。ここ湯の山では最もスリリングと言われている「アドベンチャーコース」が体験できます。

 

 

まずは、受付でハーネスを装着

 

受付

 

パークに到着したら、まずは受付へ。

 

注意事項と参加誓約書の内容を確認し、署名します。動きやすい服装と靴(サンダル、ヒール不可)を着用しましょう。

 

・利用料金
 大人・子供3,600円(価格には税・保険料が含まれています)

・利用条件
 小学4年生もしくは身長140cm以上、体重130kg以下
 ※18歳未満の方は必ず保護者(18歳以上)と一緒に参加(高校生のご利用の場合は、保護者 の同伴は必要ありませんが、誓約書のご記入と地上からの付き添い)

 

レンタルつなぎとオリジナルTシャツ
写真左)レンタルつなぎ ¥500 写真右)オリジナルTシャツ ¥2,000

 

レンタルシューズ
レンタルシューズ ¥200

 

受付では、ウェアの販売や、レンタルシューズもありますよ。

 

ハーネス

 

ハーネス着用

 

スタッフさんに、ハーネス(安全ベルト)を着用してもらいます。ハーネス着用時にはトイレには行けないので、事前に済ませておきましょう。

 

フォレストアドベンチャーオリジナルの手袋
フォレストアドベンチャーオリジナルの手袋 ¥300

 

パークは、ケーブルやロープを掴んで進むので、手袋をするのがおすすめ。手袋もして準備完了です!

 

 

ブリーフィングサイトでレクチャー

 

看板

 

「フォレストアドベンチャー・湯の山」は、全4コース。今回はそのうちの2コースを体験させていただきました。

 

ブリーフィングサイト

 

コースに行く前に、まずはブリーフィングサイト(練習用のコース)でレクチャーを受けます。フォレストアドベンチャーの大原則は【自分の安全は自分で守る】。コース上で怖くて動けなくなってしまっても、怪我や事故でない限り、基本的にはレスキューしてもらえません。自分の身を守れるよう、しっかりと学びましょう!

 

レクチャー


今回案内してくれたのは、スタッフの田中さん。

 

「プーリー」
「プーリー」

 

カラビナ
「カラビナ」


コースは、ハーネスに付いている「プーリー」と「カラビナ」の2つの道具を使いながら進みます。

 

 

各コースにはケーブルが張られており、入り口にはこのような金具があります。ここにプーリーを差し込みスタートです。

 


プラットフォームと呼ばれる足場と足場の間を進むときには、プーリーにカラビナを引っ掛けます。命綱の役割をしてくれます。

 

 


田中さんはすいすい〜と進んでいましたが、いざ挑戦してみると初めて使う金具に苦戦……。果たして使いこなすことはできるでしょうか。

 

実際の体験では、スタッフさんは地上から見守りになります。思いっきり楽しむためにも、不安点や疑問点はこのタイミングでしっかりと解消しておきましょう!

 

 

 

日本初の「ダブルジップスライド」が楽しめる!
アドベンチャーコース4

 

森林

 

アドベンチャーコース4


レクチャーの後は、いよいよ実際のコースへ!

 

まずは、日本初となる「ダブルジップスライド」が楽しめる「アドベンチャーコース4」へ行ってみましょう。フォレストアドベンチャーの最大の特徴は、森を森のまま利用しているというところ。世界で250箇所以上のパークがありますが、自然の樹木を使っているので、ひとつとして同じものはありません。

 

アドベンチャーコース4

 

こんな風に森の中をお散歩できることなんてないですよね!

 

アドベンチャーコース4

 

一見簡単そうに見えるコースも、実際に挑戦してみると、想像以上にやりがいがあります。

 

ボルダリングのようなアクティビティ


こんなボルダリングのようなアクティビティも!ホールドとハーネスを使いながら落ちないように進みます。これがかなり難しい〜。

 

アクティビティ

 

少しずつハーネスや金具の使い方にも慣れてきました。でも油断は禁物ですよ!

 

ダブルジップスライド


そして、アドベンチャーコース4の目玉は、日本初となる「ダブルジップスライド」!2本のケーブルが並走しているので、家族や友達同士で、スリル・爽快感・達成感を共有することができるんです。

 

ダブルジップスライド


このように手をつないで一緒に滑ることもできますよ。手をつないで滑ることができる「ダブルジップスライド」は、現状湯の山・フォレストアドベンチャーだけ。樹木が奇跡的な位置にあったことで可能になった、奇跡のジップスライドなんですよ!

 

ちなみに、パーク内へのカメラやスマートフォンの持ち込みは自己責任であればOK!写真や動画撮影も楽しんでみてくださいね。(落下の可能性があるので、ポーチのある服装がおすすめ)

 

 

 

パーク最大のスリルが待っている!
アドベンチャーコース3

 

アドベンチャーコース3

 

続いては、パークの中でも最大級のスリルが待っているという「アドベンチャーコース3」へ。いったいどのようなアクティビティなのでしょうか。絶叫系が苦手な筆者は、今から心臓がバクバクです……。

 

 


「アドベンチャーコース3」では、プーリーとカラビナ以外の金具を使用するアクティビティがあるため、コースをスタートする前に地上で練習します。

 

イラスト


コース内にも、このような案内があるので、イラストの手順に従って順番通りに金具を取り付けましょう。

 

アクティビティ

 

いくつかのアクティビティを通過し、最もスリリングと言われているアクティビティのスタート地点に到着しました。

 

アクティビティ

 

最もスリリングなアクティビティとは、高さ約10mから飛び降りる「ターザンスイング」のこと。先ほどのスタート地点からターザンのように写真のネットまで急降下するんです!

 

ターザンロープ

 

かなりのスピードなので、写真がブレブレになってしまいました。スタートするまでは、バンジージャンプのように心臓がバクバクでしたが、かなりのスリルと爽快感が味わえます。絶叫系が苦手な筆者もなんとかクリアすることができました!

 

アクティビティ

 

ほっとしたのも束の間。難易度の高いアクティビティがまだまだ続きます。

 

アクティビティ

 

意外と難しかったのがこちら。他のケーブルはピーンと張っているので比較的安定しているのですが、こちらケーブルはたるんでいるので、不安定なんです。慎重に慎重に……。

 

アクティビティ

 

本日初めて転倒してしまいました!ハーネスが付いているとわかっていても、落ちるとスリルがあるものです。

 

ジップスライド

 

ジップスライド


最後は長さ100mを超えるジップスライドで一気に駆け下ります。2回目なので、先ほどよりも森の景色を楽しめました。この爽快感は、ジップスライドならでは!

 

 

大人も本気で楽しめるアドベンチャー

 

スタッフ集合写真

 

今回は2コース体験させていただきましたが、想像の何倍も何倍も楽しかったです!森の中でこんなにもスリルと爽快感を楽しめるアドベンチャーは、他にはありません。子どもも大人も、目一杯カラダを動かして遊べるスポットです。

 

周辺には、開湯1300年を誇る「湯の山温泉」や、標高1212mの御在所岳にかかる「御在所ロープウェイ」など観光スポットもたくさん!3月17日に新名神高速道路菰野インターが開通したことで、名古屋からも車で45分とアクセスがよくなりました。ぜひ週末は、家族で、お友達同士で、「フォレストアドベンチャー」を楽しんでみてくださいね。

 

【フォレストアドベンチャー・湯の山】
住所   :三重県三重郡菰野町菰野4958 MAP
電話番号 :059-340-7739
受付時間 :9:00~15:00
定休日  :不定休
駐車場  :あり

https://fa-yunoyama.foret-aventure.jp/

▼Instagram
https://www.instagram.com/forestadventure_yunoyama/