コーヒーの消費量日本一?!古都京都でたのしむおいしいコーヒー巡り4選

食べる
その他
2018.09.28

フランソア喫茶室

フラソア
街灯がお店の目印。

本日最後にご紹介するのは、昭和9年創業の老舗喫茶店「フランソア喫茶室」です。今風のカフェだけでなく、京都は老舗の喫茶店も多く点在しています。

店名は画家のフランソア・ミレーにちなんで名付けられたそうです。お店の場所は、四条河原町の大きな交差点の裏側にあります。1941年(昭和16年)、創業者の友人である画家の高木四郎や京大留学生アレッサンドロ・ベンチヴェンニやの協力を得て、フランソア喫茶室をイタリアン・バロック風に改装。2002年(平成14年)には、喫茶室として初めて日本の登録有形文化財に登録されています。

京都の街並みにすっと溶け込む西洋風の建物は、京都の寺社仏閣と同様に文化的・歴史的価値のある建造物として多くの人に愛され続けています。

フランア喫茶室営業中の看板もとってもデコラティブ。
店内には数々の名画が飾られています。

店内の、照明や絵画は創業当時からのものを現在まで使用しているそう。店内は豪華客船のキャビンをイメージした内装が施されています。ヨーロッパで17世紀頃に流行したバロック様式を取り入れた華やかな装飾。

壁や窓は色鮮やかなステンドグラスで飾られています。最大の特徴は白いドームの天井。柱は中央に膨らみのあるルネサンス調のエンタシス。その上部や店内の調度品に至るまで、華やかな彫刻が施されています。

クリームソーダ/900円 コーヒーゼリー/850円

お店の一番人気はレアチーズケーキですが、この日はすでに完売していました。個人的には喫茶店に行くと、なぜかクリームソーダを頼みたくなってしまいます。メロン味のソーダ水の上にバニラアイスがのっかった愛らしい姿がとても好きです。

コーヒーにもとてもこだわっており、コーヒー豆はレインフォレスト・アライアンスが認定し品質管理が徹底された豆を使用。香りがよく酸味と甘みのバランスのよさが特徴です。コーヒーゼリーは甘さ控えめでとてもおいしかったです。

その他のメニューにも、全国から集められただわりの食材が使用されているそう。 ときには社会の喧騒や日常から逃れて、ゆったり静かに過ごしたい。そんなときにおすすめな場所です。とっておきの時間を過ごすことができますよ。

【フランソア喫茶室】
住所  :京都市下京区西木屋町通四条下ル船頭町184
営業時間:10:00~23:00
定休日 :12月31日、元旦、1月2日、夏季(2日間)
http://www.francois1934.com/index.html

鴨川

今回ご紹介したお店以外にも、京都にはたくさんの魅力的な場所があります。新旧の魅力が息づく京都。昭和の純喫茶からおしゃれで最先端なカフェまで、たくさんの魅力が詰まっています。

今後も、定期的にご紹介していきますので、お楽しみに!京都旅行に行かれる際の参考にしてみてくださいね。

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

おすすめスポット