MENU SEARCH

家族で行こう!楽しみながら学べる、東海エリアの「産業ミュージアム」特集

おでかけ

2019.03.31

家族で行こう!楽しみながら学べる、東海エリアの「産業ミュージアム」特集

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

自動車をはじめ、陶磁器、繊維、醸造品などさまざまな産業が盛んな東海エリア。そして、ものづくりの技術や歴史を伝える「産業ミュージアム」も豊富です。

やきものの魅力にたっぷり触れる体感型ミュージアム「INAXライブミュージアム」や、楽しみながらお酢を学べる「ミツカンミュージアム(MIM)」など、東海エリアの産業ミュージアムをピックアップしてご紹介していきます。

100年の歴史がつくる、本物の食器。
「ノリタケの森」

ノリタケの森

名古屋駅から徒歩で約15分。世界中で愛される洋食器メーカー「ノリタケ」の創立100周年記念事業の一環として、名古屋市の本社工場跡地にオープンした「ノリタケの森」。”文化と出会い、森に憩う”をテーマに、ミュージアム、クラフトセンター、ショップ、カフェなどさまざまな施設がそろった一日中楽しめる複合施設です。

ノリタケの森ノリタケの森のシンボルとも言える赤レンガ造りの建物。1904年(明治37年)に建築された日本陶器合名会社(ノリタケの創立時の社名)の最初の工場です。
ノリタケの森
「ウェルカムセンター」では、ノリタケを創立した幹部たちの人物パネルや年表を交え、ノリタケの歴史を知ることができます。
ノリタケの森ウェルカムセンター隣の「クラフトセンター」では、ボーンチャイナの原型製作から釉焼きまで、生地製造の工程を実際に見ることができます。
ノリタケの森
1914年に誕生した日本最初の白色硬質磁器のディナーセット「SEDAN(セダン)」。ノリタケミュージアムでは、1904年の創立以降、工業製品としてつくられたディナーウエアを中心に展示されています。
ノリタケの森施設内にある「ノリタケスクエア名古屋」。ノリタケの食器はもちろん、キッチンアイテムや雑貨も充実しているライフスタイルショップです。

<ノリタケの森の記事はこちら>

【ノリタケの森】
住所  :愛知県名古屋市西区則武新町3-1-36
アクセス:名古屋駅から徒歩15分。
定休日 :毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始
電話番号:052-561-7290
入場料 :無料 ※クラフトセンター&ミュージアムのみ有料
http://www.noritake.co.jp/mori/
(各施設の営業時間、入館料などは公式HPをご覧ください)

NEXT
地元っ子が知らない名古屋の魅力がたくさん!おすすめの名古屋本10選
地元っ子が知らない名古屋の魅力がたくさん!おすすめの名古屋本10選

ライフスタイル

名古屋市
PREVIOUS
全国から集められた、毎日使いたい暮らしの道具。うつわと暮らしのもの「mokodi(モコディ)」
全国から集められた、毎日使いたい暮らしの道具。うつわと暮らしのもの「mokodi(モコディ)」

インテリア

名古屋市・名東区

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ととbaby

特集一覧へ

クラブナージ