MENU SEARCH

特徴がないのが特徴。暮らしにすっと寄り添うオーダー家具&オーダーキッチン「snedker(スニッカ)」

インテリア

愛知県・瀬戸市
2018.10.23

特徴がないのが特徴。暮らしにすっと寄り添うオーダー家具&オーダーキッチン「snedker(スニッカ)」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

名古屋市近郊の瀬戸市にある、オーダー家具・オーダーキッチンの工房「snedker(スニッカ)」。ダイニングテーブルや椅子、収納家具やソファ、雑貨小物、キッチンまで、日々の暮らしでふと豊かに感じられる、そんな家具を提案してくれる工房です。

snedkerの家具は、依頼を受けてからおうちに合わせてデザイン・設計、そして職人が一つひとつ丁寧に製作しています。一見とてもシンプルに見える家具ですが、その背景には作り手のこだわりがしっかりと詰まっています。

今回は瀬戸市にある工房&ショールームにお伺いし、snedkerの家具とキッチンについてお話を伺ってきました。


オーナーの小林啓伯さん、小林久美子さんご夫婦。

今回は設計・デザインを担当している、奥さまの小林久美子さんにお話を伺ってきました。

−まずはじめにsnedkerの経歴を教えてください。

小林さん:「私も主人も名古屋造形芸術大学の出身で、主人は工芸、私はプロダクトデザインを専攻し、主人はその頃から家具をつくっていました。その後、主人は岐阜県恵那市の工房で修行し、2002年に独立、2005年に瀬戸市で「snedker(スニッカ)」を設立したのがはじまりです。

私は瀬戸の陶器メーカーで働いたのち、2009年からsnedkerに参加しました。」

スニッカのショールーム
工房の一角にショールームがあります。
スニッカの家具シンプルながらもどこか他にはない良さを感じるsnedkerの家具たち。

−家具のこだわりを教えてください。

小林さん:「シンプルで、華美ではなく、普通のもの。どこの家具と主張するよりは、お部屋の雰囲気に馴染み、どこの家具かわからないようなイメージでつくっています。個性が弱いのが個性ですかね。オーダーをいただいてから、設計・デザインしています。

オリジナル家具のセミオーダーの方もみえますが、一からお家に合わせてデザインするフルオーダーの方が多いです。」

スニッカの工房
スニッカの家具はすべてこちらの工房で製作されています。手前にあるのは、納品前のキッチン。

小林さん:「家具は木をメインに使用しています。主にナラ・タモ・クルミ・ブラックウォールナット・ブラックチェリーを使用していますが、お客様にイメージ、ご希望に合わせて素材は選んでいます。

最近ですとナラが多いですね。はっきりとした美しい木目が特徴で、年月が経つにつれ深みのあるアメ色に変わり、経年変化を楽しめる木材です。硬質な素材で傷が付きにくく、どんなお部屋にも馴染みます。コーディネートのしやすさが人気の理由だと思います。」

NEXT
「エコロジー」「オーガニック」「スローライフ」 現代が求める”心地よい暮らし”を提案する、名古屋市西区の雑貨店 connetta(コネッタ)
「エコロジー」「オーガニック」「スローライフ」 現代が求める”心地よい暮らし”を提案する、名古屋市西区の雑貨店 connetta(コネッタ)

インテリア

名古屋市・西区
PREVIOUS
【寺社仏閣特集】見事な庭園と国宝に出会える。紅葉シーズンにおすすめな「永保寺」
【寺社仏閣特集】見事な庭園と国宝に出会える。紅葉シーズンにおすすめな「永保寺」

おでかけ

岐阜県・多治見市

【snedker(スニッカ)】
住所   :愛知県瀬戸市共栄通5丁目51番地
電話番号 :0561-85-5043
営業時間 :10:00〜18:00(要予約)
駐車場  :工房の隣に数台

web : http://www.snedker.jp/index.html
Instagram:https://www.instagram.com/snedker_woodworking/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
アルボ

特集一覧へ

クラブナージ