ウェディングデザインのプロから学ぶ、自分らしい家づくりのヒント。(中家 拓郎さん)

インタビュー
愛知
2018.03.09

席札1つから空間をつくった
「HOME」

国際結婚のアウトドアパーティHOME

国際結婚のアウトドアパーティHOME

続いては、国際結婚のアウトドアパーティです。この式は、アートディレクションとしての役割を実感した一日だったそうです。

中家さん: 「友人の結婚式ということもあり、全て任せてもらったので、招待状・席札・メニュー表・エスコー ドカードなどペーパーアイテム、ウェルカムボードやリングピローなどの小物、料理、装花、配置計画、空間演出までを一つのコンセプトのもとデザインとディレクションをしました。席札1つでも空間をつくると考えています。僕は席札をデザインすると同時に、席札が置かれたテーブルの上を想像し、そのテーブルが並んだテントを想像し、そのテントが並んだ芝生を想像します。料理や装花については、料理人やフラワーアーティストにも力を借りますが、一貫したコンセプトを元にイメージを擦り合わせていきます。

国際結婚のアウトドアパーティHOME

国際結婚のアウトドアパーティHOME

僕はいつも1つ1つの結婚式に名前をつけ、ストーリーという、詩のようにまとめたコンセプト文を添えて提案します。お2人の気持ちにとことん向き合ってつくるので、短い文章ですがとても悩むし時間がかかります。でも、コンセプト文を読むだけで涙してくれるお客様も多く、その時はちゃんと寄り添えていると確信をもてる瞬間でもあります。「あの雑談をこんな風にまとめてくれたなんて」と驚かれるのですが、実はその言葉のほとんどはお客様自身が話したことなんです。特別なエピソードがなくたって誰しもその人だけのストーリーを持っています。僕はただそれを紡ぐだけ。そして、この名前とストーリーと、デザインのスケッチは、お2人とのイメージ共有であると同時に、プランナーや司会・映像・写真・料理・装花・音響・メイクまで、関わるスタッフ全員へが同じ目標をもつための共有にもなります。」

国際結婚のアウトドアパーティHOME

「名前をつける」というポイントは住まいにも活かせそうなアイディアです。つい間取り広さ、収納など現実的な部分に目が行きがちですが、名前をつけることで、インテリア・家具・色合いなどをセレクトする際のひとつの基準になります。」

スポット詳細

【profile】
中家 拓郎 TAKURO NAKAYA

1985年生まれ。飛騨市、高山市で高校まで過ごし、三重大学・大学院で建築デザインと都 市計画を専攻。 修了後、(株)内藤建築事務所へ入社し、公共建築などの意匠設計に携わ る。京都・名古屋での勤務を経て、2012年よりフリーランスとして活動を開始、2013年に 個人事務所を設立。2014年よりBridal Plusと提携、2016年よりSmile Story(株)取締役に 就任。イベントやウエディングから住宅や店舗の内装デザインまでフィールドを問わず、こ れまで100件以上の空間デザインプロデュースを手がけている。

Instagram:n2_works
mail:[email protected]
HP:bridal-plus.jp / smile-story.jp

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

おすすめスポット