やっとかめ文化祭で、名古屋の魅力を再発見。堀川~納屋橋・円頓寺界隈をまち歩き。

2018.11.6
旧加藤商会

「やっとかめ文化祭」を知っていますか?今年で開催6年目を迎える、名古屋の伝統的な芸能や文化、歴史に触れることができる祭典です。今回は、10月31日に開催された「まち歩きなごや」に参加してみました。堀川・納屋橋~円頓寺周辺の歴史を、ガイドの飯田幸恵さんに案内していただきました。

 

 

笑顔が素敵な、那古野下町衆メンバーの飯田幸恵さん。やっとかめ文化祭のガイドは4年目とのこと。

 

※那古野下町衆(なごやしたまちしゅう):円頓寺商店街・円頓寺本町商店街とその界隈でまちづくりを進める団体

 

 

スタートは納屋橋

 

納屋橋

 

まずは納屋橋からスタート。1610年にかけられたといわれる堀川七橋の1つで、名古屋市の都市景観重要建築物として指定されています。

 

橋が鉄骨製に改修された、1913年5月5日には橋の渡り初めが行われました。渡り初めには、3世代の家族が揃っていた「納屋橋饅頭」と「長命うどん」の2家族が選ばれたのだとか。5万人以上の見物客に見守られて、橋を渡る姿が映った写真を見せていただきました。

 

納屋橋のマーク


中央のバルコニー部分には、十字のマークがあります。これは堀川を開削した福島正則の家紋、中貫十文字なのだそう。ふだん何気なく渡る橋にも、歴史が刻まれていることに気づかされます。

 

堀川七橋:堀川ができた頃にかけられた橋で、上流から五条橋・中橋・伝馬橋・納屋橋・日置橋・古渡橋尾頭橋のことを指します。

 

 

旧加藤商会

 

旧加藤商会


こちらは、加藤勝太郎という貿易商により社屋として建てられた、旧加藤商会の建物です。国の登録有形文化財として指定されています。

 

元はレンガ造りでつくられた建物だったそうですが、昭和6年に、現在の鉄筋コンクリート造りに建て直されたのだとか。外壁はテラコッタと、コンクリ-ト部分にはレリーフ模様が施され、レトロなムードが漂います。

 

現在はタイ料理屋の「サイアムガーデン」の店舗として使用されているため、店内で食事を楽しむことができます。地下1階には、堀川の情報を収集し発信している「堀川ギャラリー」も併設。

 

 

花車神明社

 

花車神明社

 

納屋橋から5分ほど歩き「花車神明社」へ。毎年10月第2土曜日には、3輌の山車が曳きまわされる「花車神明社例大祭」が開催されます。

 

境内には、樹齢約800年の椋(むく)の大木があり、参拝者はその木に触れてお願いごとをするそう。現在は枯れてしまっていますが、木に触れることで、清々しい気持ちになりました。

 

花車神明社

 

 

大乗山光明寺

 

大乗山光明寺

 

大乗山光明寺

 

大乗山光明寺


花車神明社から50mほど歩いて「大乗山光明寺」へ。こちらの境内には、全国的に見ても珍しいといわれる、千石船に乗ったお地蔵さんや、1枚の石に掘られた三十三観音像があります。ほかにも、たくさんのお地蔵さんが置かれています。また、名古屋市の有形文化財となっている、たたみ半畳ほどの刺繍涅槃図を所有されています。

 

 

中橋

 

中橋

 

大乗山光明寺から伝馬橋や桜橋を通り、5分ほど歩いて「中橋」を見学。堀川七橋の1つ、中橋。こちらの橋げたに注目。大正期につくられた橋げたは、100年以上経過した現在でも使われています。

 

 

中橋の向かいにある、浅間神社。こちらの境内には樹齢300年以上のケヤキがあります。

 

桜型のおみくじ

 

桜型のおみくじ

 

飯田さんおすすめの桜型のおみくじ(300円)。広げると5枚の花びらが開きます。桜の小判も入ってます。

 

 

円頓寺商店街へ

 

円頓寺商店街

 

浅間神社から、白壁の土蔵や古民家が建ち並ぶ四間道(しけみち)をとおり「円頓寺商店街」に到着。この商店街は、円頓寺・円頓寺本町・西円頓寺という、3つの商店街からなっています。

 

呉服店の尾嶋屋


呉服店の尾嶋屋さんは、円頓寺商店街の中で一番古いお店なのだとか。この日は残念ながら休業日。

 

Esplanade GALLERY

 

円頓寺商店街は、古いお店と新しいお店が混在している、注目のエリアです。Esplanade GALLERY(エスプラナードギャラリー)は、築150年の旧森山家住宅を再生したギャラリー。モダンなレンタルスペースのため、個展を開催したい方はぜひ。

 

 

屋根神様

 

屋根神様

 

商店街の路地裏を歩くと、屋根の上にまつられた社を見ることができます。戦災被害が少なかった西区には、特に多くの屋根神様が残っているのだそう。

 

 

ゴールは多賀宮

 

 

円頓寺商店街のアーケードを歩きながら、円頓寺本町商店街に向かいます。このコースのゴールは、延命と縁結びの神様と言われている「多賀宮」です。境内には、願い事が叶うかを占う「おもかる石」があります。

 

おもかる石

 

おもかる石

 

「願い事が叶うなら重くなってください」と、願いながら持ちあげてみましたが、持ってみると軽かったです。残念ですが、願い事が叶う可能性は薄そうです。

 

今回のまち歩きは、2時間半ほどで神社や橋、歴史的建築物など10カ所以上を巡りました。100年以上前の町並みの写真を見ながら、現在のようすと見比べたり、堀川にかかる橋や建築のことが学べ、楽しみながら見学できました。

 

 

スタンプラリーに参加しよう!

 

スタンプラリー



やっとかめ文化祭のプログラムに1つ参加するごとに、スタンプを押してもらえます。集めると、缶バッジやボールペンなど、オリジナルグッズがプレゼントされます。「旅する判子コレクション」を、ぜひ集めてくださいね。

 

初めて参加した、やっとかめ文化祭。まち歩きは、日程によって場所やガイドさんが違うので、自分の好きなコースを見つける楽しみがありますよ。他にもストリート歌舞伎や、和菓子作り体験など、さまざまなプログラムがあります。皆さんもぜひ参加してみてくださいね!

 

【やっとかめ文化祭2018】
期間:2018年10月27日~2018年11月18日
主催:やっとかめ文化祭実行委員会
〒460-0011
名古屋市中区大須3-42-30 ALA大須ビル201 NPO法人大ナゴヤ・ユニバーシティー・ネットワーク内
http://www.yattokame.jp/


やっとかめ文化祭2018の詳細はこちら
https://life-designs.jp/event/yattokame/