MENU SEARCH

【後編】やきものの魅力にたっぷり触れる体感型ミュージアム「INAXライブミュージアム」

おでかけ

愛知県・常滑市
2019.03.28

【後編】やきものの魅力にたっぷり触れる体感型ミュージアム「INAXライブミュージアム」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

やきものの街・愛知県常滑でLIXILが運営する「INAXライブミュージアム」に行ってきました。世界のタイルややきもの文化に触れることができる、体験・体感型ミュージアムです。

施設内には、6つの施設があり、見て学ぶだけでなく、実際にタイルに触れたり、ワークショップへ参加もできます。イタリアンレストランも併設しているので、丸1日家族で楽しめるスポットなんです。今回はそんな「INAXライブミュージアム」を徹底レポートします!

窯のある広場・資料館※「窯のある広場・資料館」は保全工事のため、一時休館中

前編では、「世界のタイル博物館」をご紹介しました。後編では、「建築陶器のはじまり館」「土・どろんこ館」など、まだまだある施設の魅了をご紹介していきます。

光るどろだんごづくりに挑戦!
「土・どろんこ館」

土・どろんこ館
土・どろんこ館 外観

まずは、ファミリーには特におすすめのスポットをご紹介します。

やきものをつくる上で欠かせない土に着目した体験型施設が、こちらの「土・どろんこ館」。土をふんだんに使った建築の温もりを感じる館内で、土の展示やワークショップを開催しています。

土・どろんこ館
受付横には、「常滑大壁」がうつくしい曲線を描きながら大空間に広がっています。カーブと角のめりはりのある弧は奥行を感じさせ、難易度の高い左官技術で形が仕上げられています。(写真左側)
土・どろんこ館
こちらの日干しれんが壁は、2006年に開催したワークショップでつくられたもの。

「土・どろんこ館」は、外部にも内部にも土がふんだんに使われています。日干しれんがの壁はなんとワークショップでつくられました。建物にも注目してみてくださいね!

土・どろんこ館

土・どろんこ館

「土・どろんこ館」の隠れた人気スポットが、建物奥にあるトイレ。壁や洗面台一面に色とりどりのモザイクタイルが張りめぐらされています。さすがタイルブランドINAXです。

ワークショップ「光るどろだんごづくり」ワークショップ「光るどろだんごづくり」

ワークショップ「光るどろだんごづくり」

特に人気なワークショップは「光るどろだんごづくり」。砂場や園庭でつくる“どろだんご”とは全く異なる方法で、粘土の球を削り、色をのせ、磨いて、光る球体に仕上げていきます。

光るどろだんごづくり(要予約)
料金  :どろだんご1個 800円(税込)
開催時刻:平日13:00〜|土日祝 10:00〜 / 13:00〜 / 15:00〜
所要時間:1.5時間

http://www.livingculture.lixil/ilm/clayworks/experience/#dumpling

企画展示室

「土・どろんこ館」には、企画展示室も併設されています。このときは、「和製マジョリカタイル」展が開催されていました。

NEXT
「ちそう菰野」アートを五感で感じる場所。重森三玲の石庭を眺めながら季節を感じる料理に舌鼓を。
「ちそう菰野」アートを五感で感じる場所。重森三玲の石庭を眺めながら季節を感じる料理に舌鼓を。

グルメ

三重県・菰野町
PREVIOUS
レトロな純喫茶で、ホッと癒しのひとときを。「喫茶ゾウメシ」
レトロな純喫茶で、ホッと癒しのひとときを。「喫茶ゾウメシ」

カフェ

名古屋市・西区

【INAXライブミュージアム】
住所   :愛知県常滑市奥栄町1-130
電話番号 :0569-34-8282
営業時間 :10:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日  :水曜日(祝日の場合は開館)、年末年始
駐車場  :有

https://www.livingculture.lixil/ilm/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ホームページ制作 アライブ株式会社

特集一覧へ

リビングデザインビューロ