MENU SEARCH

本当におすすめしたい!名古屋の手土産

グルメ

愛知県・名古屋市
2020.05.20

本当におすすめしたい!名古屋の手土産

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

遠方や差し入れをする際、できればおいしくて、相手によろこんでいただける手土産を贈りたいものですよね。筆者も友人から、「遠方の友だちに会うんだけど、何を買ったらいいかな?」「差し入れするならどこがおすすめ?」と相談されることがよくあります。

そこで、今回は本当におすすめしたい名古屋の手土産をご紹介します。ぜひ手土産や差し入れの参考にしてみてくださいね。

※モンテール「超厚バームクーヘン」、パンのトラ「金のフィナンシェ」「ラスク」、Gemellivo「カヌレ」「クッキー」「ハチミツのジャムソース」を追記しました。(2020.5.20)

チーズケーキ好きにはたまらない!
「スイートオブオレゴン」

スイートオブオレゴン

最初にご紹介するのは、名古屋市名東区に本店のあるチーズケーキ専門店「Sweet of Oregon(スイートオブオレゴン)」です。名古屋を代表するチーズケーキの名店であり、アメリカ・オレゴン州の『グランマ・ギルス』の秘伝のレシピを元につくられたチーズケーキは絶品です。

ひとつひとつ、丁寧につくられるチーズケーキは、季節や旬の素材を使うことにより、自然で優しいおいしさを感じられるチーズケーキに仕上げられています。

プレーン
「オリジナルプレーンチーズケーキ」ミディアム(11cm)/1,242円(税込)

スイートオブオレゴンの不動のNO.1「オリジナルプレーンチーズケーキ」。シンプルで素朴な中においしさをすべて凝縮したチーズケーキです。

サイズは、レギュラー(8cm)ミディアム(11cm)/ファミリー(15cm)の3サイズ。


「アールグレイレモンティー」/サイズ11㎝/1,242円(税込)

アールグレイの風味が最高なのが、「アールグレイレモンティー」。Life Designsスタッフの間ではこちらが大人気でした。アールグレイのベルガモットの香りはチーズとの相性抜群。細かく刻んだ茶葉を入れて仕上げたレアチーズケーキです。

ストロベリーマスカルポーネ
「ストロベリーマスカルポーネ」サイズ11㎝/1,350円(税込)

開けた際の見た目もとってもかわいいのが、「ストロベリーマスカルポーネ」。人気のプレーンチーズケーキの上に、ストロベリー味のマスカルポーネチーズを流した2層のレアチーズケーキです。

スイートオブオレゴン

左から「アールグレイレモンティー」・「オリジナルプレーンチーズケーキ」「ストロベリーマスカルポーネ」。

スタンプバーム/648円(税込)
スタンプバーム/648円(税込)

こちらはちょっと変わり種のチーズケーキ「スタンプバーム」。5層に焼いたバームクーヘンを器にして、チーズケーキが中に入っています。バームクーヘンの甘さは控えめで、チーズケーキとのコラボレーションがとってもマッチしています。

【スイートオブオレゴンの商品が購入できる場所】
・Sweet of Oregon 本店
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230111/23003958/

・Sweet of Oregon JR名古屋高島屋店
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230101/23007619/

オンラインショップ
https://ccake.jp/?itemnoflg=1

※各店舗によって取扱い商品や入荷状況が異なりますので詳しくはお問い合わせください。

老舗喫茶店の焼き菓子は贈り物にもぴったり!
「喫茶ボンボン」

喫茶ボンボン

喫茶ボンボン

昭和24年創業の「喫茶ボンボン」では、バームクーヘンやクッキーフィナンシェなどの手土産にぴったりな焼き菓子も豊富にそろっています。

こぐま物語 各140円(税込)
こぐま物語 各140円(税込)

なかでも、筆者おすすめなのが「こぐま物語(各140税込)」です。昔なつかしい素朴な味わいがたまりません。レトロなパッケージも心がくすぐられます。味はウォルナッツ・アールグレイ・グリーンティの3種類です。


引用元画像:http://cake-bonbon.com/

写真のように、焼き菓子が15個入った詰め合わせセット(2,900円税込)もありますし、お好きな組み合わせで箱に詰めてもらうこともできます。

昭和レトロを感じるレトロな包装紙とピンクのリボンもたまりません。名古屋といえば喫茶店ですので、老舗喫茶店の焼き菓子を贈るというのも、よろばれるのではないでしょうか。

【洋菓子・喫茶ボンボン】
住所  :愛知県名古屋市東区泉2-1-22
営業時間:火〜土:8:00〜22:00(L.O.21:45)日・祝・月:8:00〜21:00(L.O.20:45)
定休日 :無休
http://cake-bonbon.com/

行列ができる「パンのトラ」のおすすめ手土産 

本店の安城を皮切りに、「半田店」「NEOPASA岡崎店」「八事店」と愛知県全域に店舗を置く行列の絶えない人気のパン屋「パンのトラ」。手土産で特におすすめなのが、「金のフィナンシェ」と「ラスク」です。

「金のフィナンシェ」は全部で4種類。スペイン産の香り高いマルコナアーモンドを使用した生地に、ハチミツ、焦がしバターを加えたクラシックなフィナンシェです。

パンのトラ

ラスクはパンをサイコロ状にカットし、秘伝のシロップにつけこんで焼き上げています。チャックがついているので、食べたい分だけいただけるのも嬉しいポイント。

パッケージもかわいいので、手土産で喜ばれること間違いなし!

【パンのトラ 安城店】
住所  :〒446-0026安城市安城町東広畔5-3
営業時間:7:00〜19:00
定休日 :年中無休
https://pannotora.com/

そのほかの店舗情報はこちらから
https://pannotora.com/bakeries/

オンラインショップ
http://pannotora.shop-pro.jp/

高さ10センチ!モンテールの直売店限定の
「超厚バウムクーヘン」

1954年に創業した「モンテール」はチルドデザートの製造および販売を行っている洋菓子メーカーです。一度は名前を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

モンテールと言えば、有名なのが「シュークリーム」や「ロールケーキ」ですが、今日ご紹介するのは「バウムクーヘン」です。「本格的な洋菓子をもっと身近に」という願いから生まれたその味は、モンテールの原点でもあり、職人さんたちが、ひとつひとつ丁寧に焼き上げています。

中でも、直売店でしか買えない「超厚バウムクーヘン(¥3,240)」は手土産にもよろばれること間違いなしの逸品です。その高さはなんと10センチ!生地はしっとり、ふわふわ。モンドセレクションで3年連続最高金賞を受賞しているので、味は保証付きです。

東海エリアでは、岐阜の美濃加茂にある直売店のみ。遠方からもこのバウムクーヘンを求めて訪れる方も多いのだとか。

美濃加茂工場では工場見学も実施しているので、合わせてチェックしてみてください。

【モンテール美濃加茂工場直売店】
住所   :岐阜県美濃加茂市蜂屋台1-5-1
電話番号 :048-994-3710(土日祝日を除く9:00〜17:00)|03-5784-2737(工場見学受付専用ダイヤル 9:00〜17:00)
営業時間 :10:00~17:00
定休日  :1月1日、2日 

https://www.monteur.co.jp/

大切な人に贈りたい焼き菓子「Gemellivo(ジェメリーボ)」

プロダクトデザイナーの竹内稔さんとイタリアンシェフの弟・健さんご兄弟が手がけるグロッサリーショップ「Gemellivo(ジェメリーボ)」。千種区の春岡通り地下鉄「吹上」駅から徒歩6〜7分の場所。にお店はあります。

”食べることが大好きな大人向けの焼き菓子”をコンセプトに手土産にもぴったりな焼き菓子がそろっています。

外側のカリッと感が強く、ザクザクとした食感がたまらない「カヌレ」。

ジェメリーボのアイコン的商品「ハチミツのジャムソース」は絶品!パンはもちろん、お肉やサラダ、料理の隠し味としてもお使いいただけます。

手土産としても人気が高いのが「大人気のクッキー」。写真は左から2種の「ビターチョコレートサブレ」「アールグレイとレモンのアイシングクッキー」「ゴルゴンゾーラのクッキー」。お茶のお供に、晩酌のお供に、ちょこっとずつ大事に食べたくたくなるクッキーです。

【Gemellivo(ジェメリーボ)】
住所  :〒464-0847 愛知県名古屋市千種区春岡通7-5
営業時間:12:00〜18:00
定休日 :日・月・火・その他不定休有
https://www.instagram.com/gemellivo/

NEXT
「わたしのお寺。わたしの居場所」と感じていただける場を目指して。地域に開かれたお寺「荒井山 円福寺」
「わたしのお寺。わたしの居場所」と感じていただける場を目指して。地域に開かれたお寺「荒井山 円福寺」

ライフスタイル

名古屋市・中村区
PREVIOUS
6月21日(日)は父の日!オンラインショップで買える「父の日」ギフトまとめ
6月21日(日)は父の日!オンラインショップで買える「父の日」ギフトまとめ

ライフスタイル

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
下呂温泉 大人の温泉旅行

特集一覧へ