【18選】本当におすすめしたい!名古屋の手土産

その他
2021.09.08

最中の名店・不朽園の絶品
「かすてらもなか」

中川区に店舗を構える1927年創業の老舗和菓子店「不朽園(ふきゅうえん)」。最中といえば不朽園と言われるほど、最中で有名な不朽園ですが、筆者がその中でも特におすすめしたいのが「かすてらもなか」です。

味は、オレンジ・抹茶・シナモンの3種類(各184円税込)。

パっと見はあんこが見えませんが、間にしっかりとあんこが挟まっています。こしあん最中とカステラがなんとも絶妙で、一度食べたら虜になる逸品です。


引用元画像:https://www.fukyuen.co.jp/

定番の最中も本当においしいので、合わせてチェックしてみてください。

【不朽園の商品が購入できる場所】
・尾頭橋本店
住所:愛知県名古屋市中川区尾頭橋3丁目4-8
https://www.fukyuen.co.jp/

・三越名古屋栄店
・清水屋春日井店
・パレマルシェ神宮店
・星ヶ丘三越 菓遊庵コーナー
・JR名古屋タカシマヤ 地下1階 銘菓百選コーナー
・JR名古屋 グランドキヨスク
・松坂屋名古屋店 地下1階 旬果彩々(銘菓お取り寄せ)コーナー
オンラインショップ
https://www.fukyuen.co.jp/

※各店舗によって取扱い商品や入荷状況が異なりますので詳しくはお問い合わせください。

熱田神宮名物・きよめ餅総本家
「きよめ餅」


本店は名鉄・神宮前駅から徒歩3分ほどの場所。
きよめ
5個入り600円税込

熱田神宮の定番お土産と言えば、きよめ餅総本家の「きよめ餅」は外せません。ていねいに炊き上げたこしあんを、つるんとやわらかい羽二重餅でくるんだ人気の銘菓です。純白に浮き上がる「きよめ」の焼き印は、伝統の証。

きよめ

餅粉と白玉粉を合わせただけのシンプルな羽二重餅ですが、程よい弾力もあり、何個でもパクパクいただけます。老若男女に愛される、はずさない手土産です。

きよめ餅総本家の本店では1個から購入できますので、手土産を買うついでにその場で1ついただくこともできますよ。栗がお好きな方は、ほっこり甘い栗の実入りもあるので、店頭で確認してみてくださいね。

【きよめ餅総本家の商品が購入できる場所】
・本店
名古屋市熱田区神宮三丁目7番21号
http://www.kiyome.net/

・名鉄神宮駅前売店
・名鉄神宮駅前喫茶部
・パレマルシェ神宮店1階名店街

東海キヨスク
 ・グランドショップ(中央通北側)
 ・ギフトステーション(中央通南側)
 ・ギフトキヨスク(新幹線北改札口横)
■中部国際空港セントレア・・・3階銘品館
■名鉄百貨店・・・地下1階諸国銘菓コーナー内
■ジェイアール名古屋高島屋・・・地下1階銘菓百選コーナー内
■近鉄名古屋駅・・・ファミリーマート店内(1番ホーム前店、地下改札内中央店、地上改札外店)
■エスカ・・・名古屋みやげ処店内
■パレマルシェ神宮・・・1階名店街
■金山総合駅
・ベルマート金山店内
・サンコス金山店内
■JR千種駅・・・駅構内売店
■刈谷ハイウェイオアシス・・・1階おみやげコーナー

※各店舗によって取扱い商品や入荷状況が異なりますので詳しくはお問い合わせください。

オンラインショップ
http://www.kiyome.net/sweet/index.html

青柳総本家の「ひとくち生ういろう」

名古屋を代表する銘菓「青柳総本家」です。ういろうで有名な同社ですが、中でもとくにおすすめしたいのが「ひとくち生ういろう」。賞味期限が短いためお土産向きではありませんが、手土産や差し入れには大変おすすめです。

職人さんがその年、その季節に合わせて選びぬいた素材を使用したういろうは、わざわざ足を運びたくなる逸品です。

ひとくち生ういろうは職人さんが昔ながらの製法で、米粉・砂糖・でんぷんの原料だけで、羊羹竿と蒸し器で手づくりしています。

生ういろいう

一個(130円〜)から購入できるので、手土産やおやつにいかがでしょうか。種類は季節に合わせて、さまざまな種類があり、見た目もとってもかわいらしいので、よろこばれること間違いなしです。

【青柳総本家のひとくち生ういろうが購入できる場所】

・青柳総本家・守山直営店
住所  :名古屋市守山区瀬古1-628-1
営業時間:9:30〜18:00
定休日 :毎週水曜日(祝日の場合は営業)
電話番号:052-791-9111

https://www.aoyagiuirou.co.jp/

・青柳総本家・KITTE名古屋店
・喫茶Willows(一部商品のみ)

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

おすすめスポット