MENU SEARCH

大人も本気で遊べる!巨大なアートのテーマパーク「養老天命反転地」

おでかけ

岐阜県・養老郡
2018.12.12

大人も本気で遊べる!巨大なアートのテーマパーク「養老天命反転地」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

1995年に岐阜県養老町に開園した「養老天命反転地」。2016年9月に上映開始となったアニメ「聲(こえ)の形」の中でも描かれ、フォトジェニックなスポットとして注目を浴びています。しかし、ただ写真映えする施設ではありません。

養老天命反転地は、世界で活躍したアーティスト・荒川修作氏と、アメリカ出身の詩人・マドリン・ギンズ氏が30年以上もの構想を経て生み出した巨大なアート作品。そして、アートを見て楽しむのでなく、実際に中に入って楽しめる体感型のテーマパークなんです。

「養老天命反転地」とは

楕円形のフィールド「楕円形のフィールド」
極限で似るものの家「極限で似るものの家」

養老天命反転地は、「楕円形のフィールド」と「極限で似るものの家」と名付けられた2つのメインパビリオンで構成されています。約18,000㎡の敷地には、ぐねぐねと蛇行するたくさんの細い道や、でこぼこしたフィールド、斜めに傾いた建物などがあります。作品の中へ足を踏み入れると、面白いほど平衡感覚を失います。

予想がつかない不思議な空間で、身体を使いバランスを取ることで、身体の持つさまざまな可能性を見つけることができるというメッセージが込められているのだとか。

死なないための道「死なないための道」

荒川氏とギンズ氏は、この巨大なアート作品で一体どのようなことを伝えようとしたのでしょうか。彼らの大きなテーマは「“死なないために”五感を目覚めさせる」というもの。誰もが産まれた時点で死に向かうという「天命(宿命)」を「反転(覆す)」ことを使命として活動し続けてきました。

例えば、歳をとって転んでは危ないからといって、段差や傾斜を無くしてしまっては、人間本来の身体能力を余計に衰退させ、死に近づいてしまう。だからこそ施設内は、垂直水平を極限排除し、人間の平衡感覚や遠近感に揺さぶりをかける仕掛けがいくつも施されているんです。

とここまでご紹介しましたが、言葉ではなかなかお伝えしにくいので、実際にレポートしていきたいと思います!

NEXT
SCHOLE(スコレー)が手がける「365日、一秒でも早く帰りたくなる自分だけの理想の空間」
SCHOLE(スコレー)が手がける「365日、一秒でも早く帰りたくなる自分だけの理想の空間」

インテリア

愛知県・名古屋市
PREVIOUS
ライフスタイルに遊び心を!県外からも注目度の高い個性溢れるお店「SPROOF(スプルーフ)」
ライフスタイルに遊び心を!県外からも注目度の高い個性溢れるお店「SPROOF(スプルーフ)」

ライフスタイル

愛知県・豊川市

【養老天命反転地】
住所   :岐阜県養老郡養老町高林1298-2
電話番号 :0584-32-0501
入場時間 :9:00〜16:30
定休日  :毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)
      年末年始(12月29日~1月3日)
駐車場  :あり

http://www.yoro-park.com/facility-map/hantenchi/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ワンダーホーム

特集一覧へ

城山館