【まとめ】話題のお店が続々オープン!豊橋&豊川エリアのおすすめスポット10選

その他(おでかけスポット)
豊橋市
2021.05.20

今までにないローカルスーパー
「一期家一笑(いちごやいちえ)」

一期家一笑

私たちの暮らしになくてはならない「スーパー」。「このスーパーがおもしろい!」と全国からも注目を集めているのが、豊橋市にある超ローカルスーパー「一期家一笑(いちごやいちえ)」。

小さな路地裏にある「一期家一笑」。創業は昭和25年で、老舗八百屋として地域に愛され続けています。現在3代目のオーナーが切り盛りしており、3年前に店舗をリニューアルしました。

一期家一笑

一期家一笑

店内には、旬の野菜や果物がずらりと並んでいます。陳列方法やポップなど、どれもおしゃれで可愛い!木箱を使ってフルーツを置いたり、手書きのポップで野菜をPRしたりと、雑貨屋さんにきたかのような感覚になります。

一期家一笑

一期家一笑の中でも、特に大人気なのがこのデリ・お弁当コーナー。

昼すぎにはなくなってしまうメニューも多く、お昼時になると子連れママさんや、OLさんの姿も多く見受けられます。

一期家一笑

テイクアウト、イートイン両方で楽しめるドリンクも好評。こちらの「クリームソーダ(350円)」は、メロン・ブルーハワイ・いちごから選べます。エディブルフラワーがアクセントです!

今までのスーパーとは一味も、ふた味も違う、オリジナリティ溢れるスーパー「一期家一笑」。食材を購入するのもよし、イートインでカフェとして楽しむのもよし。いろんな使い方ができるのが嬉しいですね!

【一期家一笑】
住所   :愛知県豊橋市下地町境田67-3
電話   :0532-52-9657 
駐車場  :あり
http://ichigoyaichie.p2.weblife.me

県外からも注目度の高い個性溢れるお店
「SPROOF」

SPROOF

豊川市の静かな住宅街の一角にひっそりと佇むこちらのお店「SPROOF(スプルーフ)」。

2013年にオープンし、名古屋や岡崎はもちろん、関西、九州方面など、県外から多くのファンが足繁く通うセレクトショップとして注目されています。

SPROOF

オーナーの白井さんが仕入れる植物や照明、家具、小物などは「良い」と思った商品は、新しいモノはもちろん、日本の伝統工芸品や骨董、ヴィンテージなど、国内外から幅広く取り揃えており、どれもセンス抜群です。

SPROOF

ヴィンテージのテーブルや椅子など、さまざまな家具が揃うのも「SPROOF」の特徴です。

SPROOF

大小さまざまなドライフラワーは1本100円〜とリーズナブルに購入できます。自宅の一角に飾るのもよし、ギフトにプレゼントするのもよし!シーンに合わせて使えるのも魅力です。

SPROOF

遊び心を取り入れながらも、普遍的で長く愛される、使い続けられるモノとの出合いが楽しめるのが「SPROOF」。あなたのお気に入りのモノがきっと見つかるはずです。


【SPROOF(スプルーフ)】
住所 :愛知県豊川市山道町2-64-1
駐車場:あり

https://sproof.jpn.com/

ひととまちをつなぐ、豊橋の縁側。
「道の駅とよはし」

道の駅とよはし

道の駅とよはし

国道23号線バイパス「七根IC」すぐに、2019年5月に誕生した「道の駅とよはし」。

豊橋市初の道の駅として大人気のスポットとなり、オープンして5ヶ月ほどで来場者は100万人を突破!豊橋の名産や食などが勢ぞろいしています。

道の駅とよはし

地元の食材をふんだんに使った飲食店や特産品を扱うショップ「Tomate(トマテ)」と、四季折々の農産物を取り揃える「あぐりパーク食彩村」の2つの施設からなる「道の駅とよはし」。ここに来れば、豊橋の魅力を体感することができます。

道の駅とよはし

道の駅とよはし

道の駅とよはし

「道の駅とよはし」の館内の中でもひときわ目を引くのが“temiyo(テミヨ)”コーナーです。こちらは、豊橋の今を伝えるコンセプトショップとなっており、食べてみよう・使ってみよう・贈ってみようをテーマにした、豊橋ならではの手土産やtemiyoオリジナルグッズなどがラインアップしています。

豊橋へのおでかけの際は、ぜひお土産を探しに立ち寄ってみてくださいね。

【道の駅とよはし】
住所 :豊橋市七根町一の沢113-2
電話 :0532-21-3500
駐車場:あり

https://www.michinoeki-toyohashi.jp

豊橋のアイコン的パン&喫茶!
レトロな雰囲気に心惹かれる「ボン千賀」

ボン千賀

ボン千賀

豊橋駅から徒歩5分ほどの場所に位置する「ボン千賀」。

1912年(大正元年)創業の老舗パン屋です。先代が、戦後のアメリカで食べて感動した「ブドーパン」や、自家製あん入りのあんパンなど、さまざまな菓子パンを用意しています。

ボン千賀

ボン千賀

入り口奥にある喫茶コーナー。昭和の雰囲気が広がる空間が魅力的です。ここではドリンクや販売している菓子パンをイートインすることもできます。

ボン千賀

ボン千賀

「ボン千賀」には昔ながらの菓子パンがずらりと並びます。当時から変わらないパッケージで、「かわいい!」「レトロで素敵」とSNSで話題になっています。このパッケージを求めて遠方から足繁く通うファンもいるほど。

豊橋市民なら知らない人はいないくらい、豊橋のアイコンとも言える「ボン・千賀」。豊橋を訪れた際には、ぜひ足を運んでみてくださいね。

【ボン千賀】
住所   :豊橋市駅前大通1-28
電話   :0532-53-5161 
駐車場  :なし

家族で楽しめる食のアミューズメントパーク
「ビオ・あつみエピスリー豊橋」

ビオ・あつみエピスリー豊橋

ビオ・あつみエピスリー豊橋

さまざまな野菜や果物、調味料などが揃う施設「ビオ・あつみエピスリー豊橋」。食育アミューズメント型ビオ食品館として、2019年7月、豊橋市三ノ輪町にオープンしました。

コンセプトは「デパ地下以上に美味しい!ワクワク楽しい食のアミューズメント」。ライブ感あふれるキッチンや、とことんこだわった身体に優しい食材を使ったお惣菜、デリなど魅力が満載です。

季節ごとの野菜や旬のフルーツを揃えているのはもちろんのこと、地元のブランド牛や、渥美半島で獲れた魚なども並んでおり、活気あふれる店内が特徴です。

特に一番人気なのが、全体の30%以上のシェアを誇る惣菜やデリなどの食コーナー。ぐるりと回遊できるような店内で「どの料理を食べよう!」「今晩のおかず何をチョイスしようかな」と、巡るだけでもワクワクします。

2階にあるイートイン席もありますよ!

【ビオ・あつみエピスリー豊橋】
住所   :豊橋市三ノ輪町本興寺2-12
電話   :0532-69-5544 
駐車場  :あり

https://toyohashi.bioatsumi.com

▼こちらも合わせてチェック!

スポット詳細

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

ピックアップ記事

おすすめスポット