【まとめ】話題のお店が続々オープン!豊橋&豊川エリアのおすすめスポット10選

その他(おでかけスポット)
豊橋市
2021.05.20
【まとめ】話題のお店が続々オープン!豊橋&豊川エリアのおすすめスポット10選

※情報は取材時のものです。
ご利用の際には、各施設・各店舗の最新情報をご確認ください。

東三河地方にある豊橋市&豊川市。農業が盛んであり、野菜や果物も多く生産されている自然豊かな地域です。そんな同エリアでは、コーヒースタンド・カレー屋さん・タルト屋さんなど、話題のお店が続々とオープンしています。

新幹線ひかり&こだまの停車駅で、普通電車でも名古屋から50分ほどなので、日帰りのおでかけスポットとしてもおすすめですよ!

今回は名古屋からでもわざわざ足を運びたくなる、豊橋&豊川エリアのおすすめスポットを10選ピックアップしてご紹介します。

毎日食べられるおいしいカレー
「咖喱処 コジゴロ」

咖喱処 コジゴロ

咖喱処 コジゴロ

愛知県豊川市の名鉄「国府」駅から徒歩約5分。大通り沿いにある小さなお店「咖喱処 コジゴロ」。2019年7月31日にオープンし、地元の人はもちろんですが、遠方からもカレーの味を求めてファンが多く訪れます。

咖喱処 コジゴロ

白と木を基調としたシンプルな佇まいは、一見コーヒースタンドやカフェと見間違えるほど、洗練されたデザインが印象的です。店内はカウンター6席のみの小さな空間ですが、カレーの香ばしさが一面に広がり、店主との会話も楽しめる空間です。

「咖喱処 コジゴロ」では、カレーは3種類のみを提供。どのカレーも、辛さを控えめにしているので、小さな子どもからお年寄りまでの幅広い層に、“毎日、誰でも楽しめるカレー”を提案しています。

さまざまなスパイスを加えながら、手間暇かけてつくるカレーが自慢。こちらは、大人気のキーマカレー。玉ねぎを2時間以上じっくりと炒めて、さらにひき肉などを加えながら3時間以上煮込みながらつくります。

cojigoro

カレーに合うコーヒーもおすすめですよ!

月に1度は他のお店でコラボイベントにも出店しているので、最新情報はインスタグラムでご確認を!

【cojigoro (コジゴロ)】
住所   :愛知県豊川市八幡町上宿28-17
電話   :070-4283-8335
駐車場  :なし

https://www.instagram.com/cojigoro_spicecurry/

スタイリッシュな空間で、こだわりのカレーを楽しむ。
「Cardamon」

Cardamon

JR・名鉄「豊橋」駅から徒歩約2分。白を基調としたシンプルな佇まいは、まるでおしゃれなセレクトショップを感じる雰囲気が広がります。

こちらは、2018年7月にカレー専門店としてオープンした「Cardamon(カルダモン)」。カレーとともに、スイーツなども楽しめるお店として、市外からも多くのファンが集まるお店です。

Cardamon

Cardamon

店内に足を運ぶと、コンクリートの無骨な雰囲気、そして、オープンキッチンが印象的です。11時から16時まで通しで営業しているので、遅めのランチや、ドリンクやスイーツのみのカフェタイムなど、さまざまなシーンで利用できるのも人気の一つです。

Cardamon

Cardamon

Cardamonのカレーは、エスニックキーマカリー・チキンカリー・ポークカリー・ホウレン草のカリー・合いがけの5種類のみ。「毎日でも飽きのこないカレー」をコンセプトに、さまざまなスパイスを調合しながら手間ひまかけてつくっています。

Cardamon

そして、2019年6月には、Cardamonの夜の部として「アンジア」がオープン。同じ店内で、自然派ワインとベトナム料理を楽しむことができますよ。

【Cardamon(カルダモン)】
住所  :愛知県豊橋市駅前大通1-59
電話  :0532-35-6155
駐車場  :なし
http://www.goodplace.co.jp/pg218.html

【アンジア】
http://www.goodplace.co.jp/pg239.html

水上ビルに誕生したコーヒースタンド
「無名 coffeestand」

無名 coffeestand

無名 coffeestand

JR・名鉄「豊橋駅」から徒歩約10分。豊橋市民に馴染み深い、レトロな雰囲気が広がる水上ビルの一角にオープンした「無名 coffeestand」。

テイクアウト専門のコーヒースタンドです。2019年5月18日にオープンし、SNSを中心に口コミで広がり、若い女性を中心に大人気となっています。

水上ビル

豊橋駅近くにある、東西800mに渡って続く鉄筋コンクリート3〜5階建てのビル。農業用水の牟呂用水の上に建てられているので、通称「水上ビル」と言われています。

無名 coffeestandは、大豊商店街の一角にオープンしました。豊橋駅からは徒歩10分程度、または、豊橋駅から市電に乗り換え「新川駅」下車の場合は、徒歩1分ほどで到着します。

無名 coffeestand

4年半ほど、移動販売でコーヒーを提供するお店のスタッフとして働いていたという店主の只野さん。今までの経験を活かしたコーヒーは、どれも飲みやすくスッキリとした味わいが特徴です。

ブレンドのほか、ブルンジ・ブラジル・エチオピアのシングルコーヒー(500円)もあり、好みのコーヒーを楽しむことができます。

無名 coffeestand

コーヒーとともに人気なのがこちらの「アイスフォームドミルクオ・レ」です。注文を受けてからクリームを泡立てて、アイスコーヒーの上にのせます。

【無名coffee stand】
住所   :愛知県豊橋市駅前大通3-118 大豊商店街1-A
電話   :なし
駐車場  :店舗前に駐車可

https://www.instagram.com/mumei_coffeestand/

海外のような雰囲気の中で、珈琲時間を楽しむ
「APOLLO COFFEE WORKS」

APOLLO COFFEE WORKS

APOLLO COFFEE WORKS

豊橋市の「高師駅」から徒歩10分ほどの場所に位置する「APOLLO COFFEE WORKS(アポロコーヒーワークス)」。

倉庫の建物と青い扉が目をひきます。こちらでは、こだわりのコーヒー豆を購入できるのはもちろん、カフェスペースではコーヒーやスイーツを楽しむことができます。

APOLLO COFFEE WORKS

店内に足を運ぶと、広々としたカウンターと青の壁が印象的で、ラフなスタイルはまるで海外のような雰囲気。もともとあった倉庫を、オーナーの橋本さんご自身で改装。地元の人はもちろんですが、遠方からも足繁く通うファンも多いのだとか。

APOLLO COFFEE WORKS

APOLLO COFFEE WORKS

APOLLO COFFEE WORKSのコーヒー豆は、高品質のスペシャルティコーヒーを使用しています。エチオピア産やブラジル産、グァテマラ産などのシングルから、オリジナルブレンド2種類を用意しています。

チーズケーキ・珈琲羊羹・たまごサンドなど、コーヒーにぴったり合うスイーツやフードもおすすめです。

【APOLLO COFFEE WORKS】
住所   :豊橋市西高師町沢向20
電話   :0532-48-6090
駐車場  :5台あり

http://apollocoffee.com/

こだわりのコーヒーと華やかタルト
「sogoodcoffee&bake」

sogoodcoffee&bake

sogoodcoffee&bake

JR・名鉄「豊橋駅」から徒歩約10分。緑豊かな公園と静かな住宅街の一角にあるのが「sogoodcoffee&bake(ソーグットコーヒーアンドベイク)」。

2017年5月21日にオープンしました。自家焙煎コーヒーと旬のフルーツがたくさんのったタルトが楽しめると、地元はもちろん、県外からも多くのファンが訪れる人気店です。

sogoodcoffee&bake

「自家焙煎コーヒーに合う焼き菓子」をコンセプトにしており、コーヒーはオリジナルも含め約12種類ほど。店内はイートイン席もあるのでゆっくりとコーヒーとタルトを味わえます。テイクアウトして自宅で楽しむ方も多く訪れます。

sogoodcoffee&bake

タルトは20〜30種類用意しています。扉を開けると、すてきなショーケースの中にはタルトやマフィンなどがずらり!

特に、旬のフルーツをたっぷりのせたタルトは大人気!その時期に一番おいしいフルーツをふんだんにのせることで、フルーツそのものを楽しんでほしいという奥様の典子さんの想いが込められています。

sogoodcoffee&bake

スイーツとともに楽しんでほしいのがコーヒー。ご主人のそうさん自ら焙煎し丁寧に淹れるコーヒーは、苦味と酸味のバランスが抜群で、コーヒー好きにはたまらない味わいを楽しむことができます。

【sogoodcoffee&bake】
住所   :愛知県豊橋市西羽田町202
電話   :0532-74-2230
駐車場  :8台


http://sogoodcoffee-and-bake.com

スポット詳細

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

おすすめスポット