世界最大級のプラネタリウムだけじゃない!名古屋市科学館の楽しみ方を徹底レポートします。

おでかけ
愛知
2020.02.27

ほかにもみどころ満載!

「サイエンスステージ」実験と解説で科学のおもしろさを紹介しています。

延べ床面積が22,551.32㎡もある名古屋市科学館。1日では回りきれないくらい、みどころ満載です!

ウッディ・プレイランド

理工館2階にある「ウッディ・プレイランド」では、小さなお子さんが靴を脱いで木のおもちゃで遊べます。これなら小さなお子さんがいるファミリーも楽しめますよね!

先ほどご紹介した「不思議のひろば」には、「イライラぼう」や「きえるからだ」など、旧理工館の時代から親しまれてきた展示も。

天文館

プラネタリウムのある天文館の5階「宇宙のすがた」は、広大な宇宙のスケールを実感できるフロアです。まるでSF映画のような展示に、ワクワクが止まりません!

学生時代に覚えるのに一苦労した「元素周期表」も、こんな風にタッチパネルと利用例の実物も展示されているので楽しく学べるのではないでしょうか。こんなのが学生時代に欲しかった……!

名古屋市科学館

土日にはすぐに満席になってしまう展示も多いので、はやめに訪れるのをおすすめします。プラネタリウム以外の観覧券は事前にコンビニエンスストアで購入も可能。中学生以下は観覧無料なので、ぜひご家族で遊びに行ってみてくださいね!

Photography by Kanae Hori(一部を除く)

スポット詳細

【名古屋市科学館】
住所   :愛知県名古屋市中区栄二丁目17番1号 芸術と科学の杜・白川公園内
電話番号 :052-201-4486
営業時間 :9:30〜17:00 ※入館は16:30まで
定休日  :月曜(祝日の場合は開館、翌平日休み)、毎月第3金(祝日の場合は開館、第4金曜休み)、12月29日〜1月3日、その他臨時開館・休館あり

 

<観覧料>
展示とプラネタリム:一般800円 大学・高校生500円
展示のみ     :一般400円 大学・高校生200円

※中学生以下無料
※大学・高校生は要学生証
※特別展など別料金が必要な場合があります

 

http://www.ncsm.city.nagoya.jp/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

おすすめスポット