心と体が喜ぶスパイスカレー。地元で生産されたフレッシュな野菜と、こだわりの玄米を使った完全食「はるかなるカレー」

カレー
名古屋 中区 伏見
2019.10.11

名古屋店が誕生するまで

そもそもなぜこのカレーが生まれたのでしょうか?

沙記さん:「銀座店は、はるかさんのご実家で野菜をつくられていて。はじめはその野菜を使ってカレーをつくっていたそうです。東京で買う野菜との味の差に、驚いたとか。」

名古屋の出店にあたり、はるかさんも関わられたのですか?

沙記さん:「レイアウトを決める際、カレーメインにしようということは決まったのですが、野菜の買い付け先などは、私の方に任せていただくことになりました。もともと飲食関係に興味があったこともあって、契約農家さんを探す時は新しい気付きが多く楽しかったです。」

確かに畑へ直接出向いてくと色々な発見がありそうですね。

沙記さん:「それもあって、今の農園でのボランティアにつながっているのだと思います。」

他に、お店をつくっていくにあたってこだわりはありましたか?

照明

沙記さん:「内装は結構こだわりました。銀座店はるかさんの想いも色々とあって。お客様にとって特別感のある場所にしたいなって。カウンターや照明など、印象や距離感を大切にしました。

お客様やスタッフが制作した作品も展示しています。今後はもっと充実させていきたいです。」

やってみたいことがたくさん

今後、考えていることはありますか?

沙記さん:「夜もカレーを食べられるのですが、カレー以外のメニューも充実させていきたいと考えています。お野菜を使ったおつまみのメニューもどんどんつくっている最中です。」

店内にはワインセラーもあり、お酒の種類は充実している様子。気さくな店員さんと語らいながらおつまみを頂けるのはうれしい。

沙記さん:「他にもお野菜を使ったお酒や、デザートなどもメニューにできるようになりました。まだまだやってみたいことはたくさんあって。準備が追い付いていないのが現状で。」

今後もさらなる展開が期待できそう。

沙記さん:「農家さんからは野菜の直売をするのも賛成いただいていて。先日お客様でゴーヤを買って帰ってくださった方がいらっしゃいました。まだオフィシャルに販売は開始していませんが、ご興味を持たれている方は他にもいそうです。」

お店で食べた新鮮なお野菜を、自宅で調理してみるのも楽しそう。「はるかなるカレー」さんの、今後の更なる展開に期待です。

沙記さん、スタッフの皆さま、ありがとうございました。

スポット詳細

【はるかなるカレー】
住所   :名古屋市中区栄二丁目4番5号 サンケリー広小路ビル
電話番号 :052‐203-0660
営業時間 :lunch 11:30~15:00( LastOrder14:30)
     dinner 17:30~20:30( カレーのLastOrder20:00)
     土曜日 11:30~15:00

定休日  :日曜日 祝日
駐車場  :無

 

Twitter
https://twitter.com/harukanarucurry?s=17

Instagram
https://www.instagram.com/harukanaru.curry.nagoya/

山口県出身。大学卒業、食品専門商社でNY事務所駐在員として勤務。その後、東証一部上場のグローバルメーカーでBtoB部品販売サイトのUX改善に携わる。結婚を機に名古屋のベーカリーチェーンで人事を経験。10年間で3社経験したのちに、かねてから興味があったライティングを生業とすべく奮闘中。

 趣味は歩くこと、野菜を切ること・煮ること。村上春樹、イタリアングレーハウンド、グッピーが好き。自分らしく生きることを再発見できる切り口探し、そして発信することに日々没頭している。

おすすめスポット