MENU SEARCH

【東海エリア】夏休みに行きたい!家族で楽しめるお出かけスポット20選

おでかけ

愛知県・岐阜県・三重県・静岡県
2019.08.11

【東海エリア】夏休みに行きたい!家族で楽しめるお出かけスポット20選

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

いよいよ夏本番!お子さんたちは、夏休み真っ最中ですね。

ですが、「今年は旅行に行けない…」「計画が間に合わなかった…」という方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめしたい、東海エリアで家族のお出かけにぴったりのスポットを20箇所ご紹介します。

旅行や遠方に行かなくても、東海エリアには家族で楽しめるスポットが満載ですよ!

学んで楽しめる。自由研究にもおすすめ!
「産業ミュージアム」

実機7機を間近で見られる!「あいち航空ミュージアム」|愛知県・西春日井郡

あいち航空ミュージアム

「県営名古屋空港」敷地内に2017年11月30日(木)にオープンした「あいち航空ミュージアム」。「空への憧れ」を呼び覚まし、「飛ぶとは?」を学び、体感させるをテーマにした
ミュージアムです。

国産旅客機「YS-11」や三菱重工業が製造した「MU-2」が見られる実機の展示ゾーンや、お子さまから大人まで楽しめる体験コーナーなど、航空機ファンはもちろん、ファミリーも楽しめる施設となっています。

【あいち航空ミュージアム】
住所  :愛知県西春日井郡豊山町大字豊場(県営名古屋空港内)
開館時間:9:00−17:00(最終入場18:30)
休館日 :火曜(祝日の場合は翌日)
※8月は無休
※悪天候などの場合、臨時休館することがあります。
入館料 :大人 1,000円/高大生 800円/小中学生 500円
※団体見学・学校行事の場合は料金が異なります。
https://aichi-mof.com/

航空について楽しみながら、学べる「フライト オブ ドリームズ」|愛知県・常滑市

フライト オブ ドリームズ

2018年10月にセントレアにオープンした施設「FLIGHT OF DREAMS(フライト オブ ドリームズ)」。

館内には、ボーイング787初号機が設置され、「チームラボ」プロデュースのプロジェクションマッピングや体験型コンテンツが楽しめます。また、ボーイング787初号機の翼の下では、ボーイング創業の街シアトルのおしゃれな街並みが広がり、シアトルグルメが味わえます。施設全体を通して、航空について楽しみながら、学べるスポットなんです。

【中部国際空港セントレア「FLIGHT OF DREAMS」】
愛知県常滑市セントレア1-1-1

・FLIGHT PARK(フライトパーク)
営業時間:10:00~17:00(最終入場 16:30)
※土曜日は10:00~19:00(最終入場 18:30)
入場料:大人(中学生以上) 1,200円
    子ども(3歳~小学6年生) 800円
    3歳未満 無料

・SEATTLE TERRACE(シアトルテラス)
営業時間:飲食店 10:00~22:00、物販店 10:00~18:00
※一部店舗で閉店時間が異なります。

https://flightofdreams.jp/
https://www.instagram.com/flightofdreams_official/

トヨタグループの歴史と技術が学べる「トヨタ産業技術記念館」|名古屋市・西区

トヨタ産業技術記念館

日本が誇る一大自動車生産メーカーとして、世界のモノづくりを牽引するトヨタ自動車。そのトヨタ自動車を含むトヨタグループの歴史や技術が学べる記念館が、愛知県名古屋市の「トヨタ産業技術記念館」。

記念館というと少し固いイメージがありますが、同施設は子どもから大人まで幅広く楽しめる博物館として大好評なんです!その人気ぶりは、トリップアドバイザーが選ぶ「旅好きが選ぶ!工場見学&社会科見学ランキング」で、4年連続1位を獲得するほど。近年は海外からも多くの人々が訪れています。

【トヨタ産業技術記念館】
住所   :愛知県名古屋市西区則武新町4-1-35
電話番号 :052-551-6115
営業時間 :午前9時30分~午後5時(入場受付は午後4時30分まで)
定休日  :月曜日(祝日の場合は翌日)及び年末年始
駐車場  :220台(無料)

http://www.tcmit.org/

お酢の街・半田で、楽しみながらお酢を学べる「ミツカンミュージアム(MIM)」|愛知県・半田市

ミツカンミュージアム

2015年11月に完全リニューアルされた愛知県半田市にある「ミツカンミュージアムMIM」。

”お酢”で有名な会社「ミツカン」の酢造りの歴史や、食文化の魅力などを楽しく学べる体験型の博物館です。半田は酒粕からお酢をつくり出す画期的なイノベーションを生み出した地。江戸前ずしブームのきっかけにもなりました。

「ミツカンミュージアム」の見学は、スタッフ同行のガイドツアー(事前予約制)になっています。9:30〜15:30まで30分毎ごとに開催され、全館コース(90分)と、大地の蔵コース(30分)があります。人気も時間帯や週末は満席になりやすいので、お早めに!

【ミツカンミュージアム(MIM)】※見学は事前予約制となっています。
住所   :愛知県半田市中村町2-6
電話番号 :0569-24-5111
営業時間 :9:30〜17:00
定休日  :木曜日(木曜日が祝日の場合は開館、翌金曜日が休館)、年末年始
駐車場  :第一 約40台 、第二 約100台(バス8台有)

http://www.mizkan.co.jp/mim/

100年の歴史がつくる、本物の食器。「ノリタケの森」|名古屋市・西区

ノリタケの森

名古屋駅から徒歩で約15分。世界中で愛される洋食器メーカー「ノリタケ」の創立100周年記念事業の一環として、名古屋市の本社工場跡地にオープンした「ノリタケの森」。

”文化と出会い、森に憩う”をテーマに、ミュージアム、クラフトセンター、ショップ、カフェなどさまざまな施設がそろった一日中楽しめる複合施設です。クラフトセンターとミュージアム以外は、無料で楽しめます。

【ノリタケの森】
住所  :愛知県名古屋市西区則武新町3-1-36
アクセス:名古屋駅から徒歩15分。
定休日 :毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始
電話番号:052-561-7290
入場料 :無料 ※クラフトセンター&ミュージアムのみ有料
http://www.noritake.co.jp/mori/
(各施設の営業時間、入館料などは公式HPをご覧ください)

明太子専門テーマパーク「めんたいパーク」|愛知県・常滑市

めんたいパーク

明太子の老舗かねふくが運営する明太子専門テーマパーク「めんたいパーク」。全国に5カ所あり、東海エリアでは愛知県の知多半島にある、常滑市にあります。中部地方では唯一のパークです。

無料で見学できる明太子工場・できたて明太子の直売店・フードコート・めんたいミュージアムなど、大人から子どもまで遊んで学べるスポットなんです!工場でつくられる生辛子明太子は、売り切れ必須なのでお早めに!

【めんたいパークとこなめ】
住所   :愛知県常滑市りんくう町1-25-4
電話番号 :0569-35-9900
営業時間 :平日 9:30〜17:30|土日祝日 9:00〜18:00
定休日  :年中無休
駐車場  :普通自動車 200台

https://mentai-park.com/park/tokoname/

“うなぎパイ”で有名な春華堂のスイーツコミュニティ「nicoe(ニコエ)」|静岡県・浜松市

nicoe(ニコエ)

東名高速道路「浜松西IC」から車で20分のところにある「nicoe(ニコエ)」は、“うなぎパイ”で有名な春華堂が、うなぎパイ誕生50周年をきっかけに3年の構想経て、2014年にグランドオープンさせたスイーツコミュニティです。

nicoeには、和洋菓子「春華堂」、五穀や発酵、旬の暮らしを伝える「五穀屋」、レストラン「THE COURTYARD KITCHEN」と3つの店舗があります。その他、人も子どもも楽しめる知育玩具の遊び場「プレイグラウンド082」や緑豊かな中庭など、一日ゆっくりと楽しめるスポットです。

【nicoe(ニコエ)】
住所 :静岡県浜松市浜北区染地台6丁目7-11
電話番号 : 053-586-4567 (受付時間 9:00-17:00)
営業時間 : 9:30-21:30(金・土は22:00まで)
      ※店舗によって異なりますのでご注意ください。
      ※GW・夏期・年末年始は営業時間が異なる場合があります。
定休日  :不定休(年末年始は要問合せ)
駐車場  :自家用車110台・バス7台(無料)
web : https://www.nicoe.jp/

※掲載情報は、2019年6月現在のものです。

NEXT
人生の楽しみを教えてくれる工務店 「MINERBASE (ミネルベース)」
人生の楽しみを教えてくれる工務店 「MINERBASE (ミネルベース)」

住まい

愛知県・豊田市
PREVIOUS
公園をもっと活用しよう!名城公園&複合施設「tonarino(トナリノ)」
公園をもっと活用しよう!名城公園&複合施設「tonarino(トナリノ)」

おでかけ

名古屋市・北区

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
クラブナージ

特集一覧へ

ととbaby